安全衛生委員会の議題でお困りの方に-月ごとのテーマ、通年ネタ集

安全衛生委員会を開くものの、「5月で既にネタ切れ」「議論にならず、1時間どころか30分も場がもたない」といったことがお悩みの人事・総務担当者の方が結構いらっしゃいます。

毎月、しかも毎年それを繰り返していれば、「もう話すことも尽きたよ」というお気持ちも分かります。多くの企業様で、「世間話で場をもたす」といった涙ぐましい努力をされているところもあるそうです。

そこで今回は、月ごとのテーマネタ、通年ネタを集めてみました。ご参考になれば幸いです。また、産業医の先生方も「最後に、なにか一言」と言われ、答えに窮してしまうといった際、これらの項目から何かお話していただければと存じます。

4月 安全衛生委員会の目的・法令遵守確認
委員会の年間スケジュール確認
自律神経失調症について
5月病について
健康診断関連(脂質異常症、高血圧症など)
睡眠時無呼吸症候群
「4月の衛生委員会」で何を話すべきか?(配布資料リンクあり)【2019年度版産業医・衛生管理者向け】
「4月の安全衛生委員会」で何を話すべきか?(配布資料リンクあり)【2020年度版産業医・衛生管理者向け】
5月 タバコと健康被害・禁煙(5月31日世界禁煙デー)
歯の衛生について(6月4日から10日まで歯の衛生週間)
「5月の衛生委員会」で何を話すべきか?(配布資料リンクあり)【2019年度版産業医・衛生管理者向け】
「5月の安全衛生委員会」で何を話すべきか?(配布資料リンクあり)【2020年度版産業医・衛生管理者向け】
【産業医向け】5月の安全衛生委員会 講話ネタ帳
6月 社内の安全衛生管理体制の再確認(7月1日から7日まで全国安全週間)
梅雨の時期の過ごし方
夏の紫外線対策
夏場に「安全衛生委員会の議題」で困った時のためのネタまとめ(配布資料リンクあり)【産業医・衛生管理者向け】
「6月の衛生委員会」で何を話すべきか?(配布資料リンクあり)【2019年度版産業医・衛生管理者向け】
「6月の安全衛生委員会」で何を話すべきか?(配布資料リンクあり)【2020年度版産業医・衛生管理者向け】
7月 熱中症・脱水症について
夏季休暇前の注意
食中毒対策について
「7月の衛生委員会」で何を話すべきか?(配布資料リンクあり)【2020年更新 産業医・衛生管理者向け】
8月 夏バテ対策について
職場の室温・湿度管理
夏場の睡眠について(8月27日から9月10日までは秋の睡眠健康週間)
「8月の衛生委員会」で何を話すべきか?(配布資料リンクあり)【2019年度版産業医・衛生管理者向け】
9月 健康診断について(10月実施の場合)
結核について(9月24日から30日は結核予防週間)
メンタルヘルス不調者対策(9月10日は世界自殺予防デー)
「9月の衛生委員会」で何を話すべきか?(配布資料リンクあり)【2019年度版産業医・衛生管理者向け】
10月 社内防災対策
運動習慣の見直し
「10月の衛生委員会」で何を話すべきか?(配布資料リンクあり)【2019年度版産業医・衛生管理者向け】
がん検診受診率50%達成に向けた集中キャンペーン月間【10月の安全衛生委員会講話ネタ】
11月 長時間労働について
ワークライフバランス
インフルエンザ対策について
「11月の安全衛生委員会」で何を話すべきか?【2018年度版産業医・衛生管理者向け】
「11月の安全衛生委員会」で何を話すべきか?(配布資料リンクあり)【2019年度版産業医・衛生管理者向け】
12月 ノロウィルス・感染性胃腸炎について
過労死について
飲酒と健康・飲酒運転
救急医療のかかり方
「12月の衛生委員会」で何を話すべきか?(配布資料リンクあり)【2018年度版産業医・衛生管理者向け】
1月 食生活の見直し
メタボリックシンドロームについて
「1月の衛生委員会」で何を話すべきか?(配布資料リンクあり)【2019年度版産業医・衛生管理者向け】
「1月の安全衛生委員会」で何を話すべきか?(配布資料リンクあり)【2020年度版産業医・衛生管理者向け】
2月 乾燥・冷え対策
花粉症対策について
「2月の衛生委員会」で何を話すべきか?(配布資料リンクあり)【2019年度版産業医・衛生管理者向け】
「2月の安全衛生委員会」で何を話すべきか?(配布資料リンクあり)【2020年度版産業医・衛生管理者向け】
2020年2月の安全衛生委員会での講話内容と反省【産業医のための安全衛生委員会講話ネタ・テーマ】
3月 健康診断
メンタル不調者対応について
新入社員の健康管理
年間の振り返り
「3月の衛生委員会」で何を話すべきか?(配布資料リンクあり)【2019年度版産業医・衛生管理者向け】
花粉症は「くしゃみ・鼻水・鼻づまり・目のかゆみ」だけじゃない!花粉皮膚炎にご注意【3~4月衛生委員会ネタ】
風疹には2019年も引き続き警戒が必要!無料の抗体検査・予防接種についてのアナウンス【2019年3月衛生委員会ネタ】
「3月の安全衛生委員会」で何を話すべきか?(配布資料リンクあり)【2020年度版産業医・衛生管理者向け】

通年ネタ:社内ハラスメント対策、職場での腰痛・肩こり対策、疲れ目対策、VDT症候群、がん対策、高尿酸値対策、ストレスチェックテスト(実施時期にともなって)

「安全衛生委員会でネタが無い…」そんな時に試したい4つの方法【衛生管理者・産業医向け】

メンタルヘルス「セルフケア」の話題の一環として「認知のゆがみ」に触れるのはいかが?【安全衛生委員会ネタ】

以上です。
こうした項目は、バリエーションをつけることも可能です。たとえば、禁煙対策をやった後でも、「受動喫煙について」と、やや視点をずらして話をすることもできるのではないでしょうか。工夫次第であるとも思いますので、ぜひ委員会を乗り切っていただきたいと思います。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。