「6月の衛生委員会」で何を話すべきか?(配布資料リンクあり)【2019年度版産業医・衛生管理者向け】

6月は比較的ネタが少ない時期ではあります。梅雨の時期であり、食中毒に注意すべきと言った話や、夏を見越して熱中症対策を打っておくといったことをするところも多いようです。

一方、「HIV検査普及週間」や「薬物乱用防止広報強化期間」などでもあるため、少し毛色の違う話もできそうですので、普段とは異なるこうした講話をしてみるのもよろしいのではないでしょうか。

記念日・週間ネタ

6月で衛生委員会のネタとなりそうな、安全・衛生にまつわる記念日としては、

・6/1~7/31 薬物乱用防止広報強化期間

資料1:薬物乱用防止パンフレット

資料2:ご家族の薬物問題でお困りの方へ(家族読本)

・男女雇用機会均等月間
・6/1~9/30 夏の省エネキャンペーン
・6/1~6/7 HIV検査普及週間
・6/2~6/8 危険物安全週間
・6/14 世界献血デー

などがあります。

季節ネタ

・熱中症対策

資料:季節の予防~夏編~

・食中毒について

資料:食中毒について

流行性疾患

風疹、伝染性紅斑(りんご病)の報告が続いています。

資料1:風疹急増に関する緊急情報

資料2:風疹についてのリーフレット

資料3:伝染性紅斑とは/国立感染症研究所

資料4:IDWR 2019年第14号<注目すべき感染症>伝染性紅斑(ヒトパルボウイルスB19感染症)

6/1~6/7が「HIV検査普及週間」であることから、HIVについての啓蒙を行うのもよろしいでしょう。

資料1:『HIV感染症・エイズ UPDATE HIV/AIDS 2019』/エイズ予防財団

人事労務関係

第三次産業における労働災害防止

資料:職場のあんぜんサイト:転倒・腰痛防止用視聴覚教材(動画あり)

関連記事

安全衛生委員会の議題でお困りの方に-月ごとのテーマ、通年ネタ集


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。