2020年2月の安全衛生委員会での講話内容と反省【産業医のための安全衛生委員会講話ネタ・テーマ】

2月の安全衛生委員会ネタについては、

「2月の安全衛生委員会」で何を話すべきか?(配布資料リンクあり)【2020年度版産業医・衛生管理者向け】

「2月の衛生委員会」で何を話すべきか?(配布資料リンクあり)【2019年度版産業医・衛生管理者向け】

に記載していますが、私は今回、「新型コロナウイルス」について講話を行いました。資料としましては、

新型コロナウイルスに関するQ&A(厚労省)

新型コロナウイルス感染症に関する相談窓口について(厚労省)

注目すべき感染症 2019-nCoV(新型コロナウイルス)感染症(国立感染症研究所)

のページです。こちらのページを参考に新型コロナウイルスについて説明したという次第です。コロナウイルスの概略や新型コロナウイルス感染の症状、潜伏期間、治療方法、感染疑いの際の対処、予防方法(正しい手洗い・手指アルコール消毒)などについて説明していきました。

やはり関心度の高い内容か、メモをとりつつ話を聞いてくれる出席者がいて、私的には嬉しかったです。

しかしながら、ページのどこをピックアップして喋ればいいのか、あまり事前に決めてなかったので、「あれ?どこに書いてあったっけ」と探す時間がかかってしまった点や、やや表層的な内容でしかなかったので、もう少し最新の情報などについて触れたらよかったかな、と思いました。

たとえば、

新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について令和2年2月3日版)

などのページには感染者数の推移などがよくまとめられていますので、こちらも参照すればよかったかな、と。

もし2月の安全衛生委員会で新型コロナウイルスについてお話されるようでしたら、上記の資料をご参考にお話されてはいかがでしょうか。

このような産業医業務などに興味があり、産業医になってみたい、と思われる先生方がおられましたら、

リクルート ドクターズキャリア

エムスリーキャリア

といった転職支援会社にご相談されてはいかがでしょうか。勤務されておられる企業を変えたいという産業医の先生方にも強い味方になってくださいます。もちろん相談や入職に関しても先生は全て無料ですので、ご気軽にご登録してみましょう。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。