産業医転職の基本情報

産業医転職の基本情報

私が産業医として、また転職するとしたら重視したい「3つの条件」

私は後期研修医の時にドロップアウトとして退職し、産業医に転職しています。その1社目から数え、現在は3社目の企業で勤務しているので、合計3回転職をしていることになります。 1社目は製造業で、2社目は金融系、3社目は不動産系の企業に勤務し...
産業医転職の基本情報

勤務医が「退職後はゆったり産業医を」と考える上での罠

勤務医ですと、「65歳定年」とされているところも多く、「まだまだ働きたい」という方にとっては「次の職場探し」ということが重要な課題となっているのではないでしょうか。 「勤務医としては十分勤め上げたし、次は別のことを…認定産業医の資格も...
産業医転職の基本情報

「産業医になろうかな」と考えている専攻医に教えたい、私が実際に働いていた企業の年収や労働条件

私は後期研修医の時に産業医となっておりますので、30歳そこそこで転身したということになります。そこで、実際にどのような労働条件・年収で働いていたのかということに興味があり、「いくらもらってたの?」「どんな感じで働いていたの?」と質問されるこ...
産業医転職の基本情報

専攻医から「コネ無し・専門医資格なし」であろうが産業医へ転職は可能です

産業医の転職で、「そもそも企業の求人ってどうやって見つけるの?」「医局/地元医師会が企業の求人を握ってて、そこ経由じゃないともらえないんじゃないの?」といった質問を受けることがあります。 また、専攻医/後期研修医の方ですと、「専門医資...
産業医転職の基本情報

【2022年度】認定産業医になるための東京で開催する集中講座まとめ

「日本医師会認定産業医」になるためには、下記の合計で50単位が必要となります。 ・前期研修:14単位以上 ・基礎研修会 実地研修:10単位以上 ・後期研修:26単位以上    =合計 50単位以上 1単位1時間ですので、最低でも...
産業医転職の基本情報

認定産業医に「最短でなる」ために必要な経費は16~19万円

産業医になるために、「認定産業医」になることを選ばれることがほとんどだと思います。そこで、以前の記事でも書いた通り、 STEP1:「産業医科大の集中講座」を受講して単位取得・申請 ↓ STEP2:転職活動の開始 ↓ S...
産業医転職の基本情報

ドロッポ医から産業医になるための転職で踏まえておきたい3つのポイント

私は、後期研修医の時にドロップアウトし、気が向いたらスポットのバイト(インフルエンザ予防接種、健診、透析のバイトなど)をするという生活を送っていました。 なお、ドロッポ医生活に至るまでの経過については、 こちらの...
産業医転職の基本情報

勤務医から産業医に「最短・最速」でなるための3ステップの転職活動方法

私は後期研修医の時、「そうだ産業医になろう」と思い立って転職活動を始めました。しかし、当時はネット情報もさほどなく、また周囲に産業医のドクターもいなかったため、「どうしたらいいのよ…」と右往左往しながら、なんとも効率の悪い転職活動を行ってい...
産業医転職の基本情報

【2022年度版】認定産業医になるための研修会・講習会・集中講座の探し方

コロナ禍ということもあり、認定産業医になるための研修会・講習会の数、定員数も減少傾向にあります。そのため、「研修・講習を受けたいのに、なかなか受けられない」という先生方も多いのではないでしょうか。 そこで今回の記事では、改めて「認定産...
産業医転職の基本情報

「専攻医/後期研修医をやめて産業医」になろうと考えている若手医師への5つのアドバイス

私自身、専門医資格の取得もできていない内に後期研修医をドロップアウトしています。ですので、同じような道を辿ろうとしている人たちの気持ちは痛いほど分かります。 当時のことを今から振り返れば、「こうしておけばよかったな…」という後悔もあり...
タイトルとURLをコピーしました