花粉症は「くしゃみ・鼻水・鼻づまり・目のかゆみ」だけじゃない!花粉皮膚炎にご注意【3~4月衛生委員会ネタ】

花粉症と言えば、「くしゃみ・鼻水・鼻づまり・目のかゆみ」などが有名ですが、それ以外に「花粉皮膚炎」という肌トラブルが起こりえます。

今回は、「花粉皮膚炎」の概念や症状、治療法・対処法について書いてみたいと思います。

花粉皮膚炎とは

花粉皮膚炎とは、「花粉が皮膚に接触することによって生じる皮膚炎」のことであり、顔、まぶた、首など露出シている部分に起こりやすいそうです。

また、アトピー性皮膚炎を持病としてお持ちの方や、乾燥肌の方は肌のバリア機能が低下しており、生じやすいとのことです。

花粉皮膚炎の症状

皮膚の症状としては、
1) 赤みが強い
2) 盛り上がった赤い発疹
が特徴的だそうです。こうした皮膚の症状や、あとは「春先に多い」といった季節性があることも特徴で、こうしたことで「花粉皮膚炎かもしれない」と思うわけです。

やはりアレルギー反応として赤くなりやすく、また、痒くて掻いてしまうことで、悪化しやすいということもあります。

花粉皮膚炎の治療法・対処法

まず一般的な花粉対策としてですが、「できるだけ花粉との接触を少なくする」ことが重要となります。

そのため、
・マスクや帽子、メガネの着用などをする。
・洗濯物も乾燥機の使用や部屋干しを行う。
・花粉を外から持ち込まぬよう、外出から戻った際は入室前にできるだけ花粉を払う。
といったことが考えられます。

また、帰宅したらすぐに洗顔を行います。ただ、洗顔時にはあまりゴシゴシとこすらないようにしましょう。角質が剥げ、バリア機能を低下させてしまいます。化粧水などで保湿することも重要です。

治療としては、一般的な花粉症治療と同様、抗ヒスタミン薬などアレルギーを抑える薬の内服を行います。皮膚炎が酷い場合は、ステロイド剤の外用も併用します。

以上です。
花粉症シーズンで皮膚トラブルに悩まされておられる方がおりましたら、ぜひ「花粉皮膚炎」を疑ってみて、その際には皮膚科に受診して相談してみてはいかがでしょうか。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。