【2022年度版】認定産業医になるための研修会・講習会・集中講座の探し方

コロナ禍ということもあり、認定産業医になるための研修会・講習会の数、定員数も減少傾向にあります。そのため、「研修・講習を受けたいのに、なかなか受けられない」という先生方も多いのではないでしょうか。

そこで今回の記事では、改めて「認定産業医になるための研修会・講習会の探し方」について書いてみたいと思います。

必要な単位の確認

研修会・講習会の探し方の前に、まずは「必要な単位」について確認をしておきましょう。

産業医になるには-要件、かかる時間・費用について
私が「産業医になろう」と思い始めた頃、今ほどネット情報もなく、「で、どうしたら産業医になれるの?」ということを調べるのに苦労した覚えがあります。 お恥ずかしながら、「産業医になるには、医師免許だけではダメ」ということも知りませんでした...

この記事にも記載しておりますが、必要な単位は

・前期研修:14単位以上
・基礎研修会 実地研修:10単位以上
・後期研修:26単位以上 
 
=合計 50単位以上

となっています。1単位1時間ですので、最低でも50時間の研修・講習を受ける必要があるということです。

研修・講習を個別に申し込んで受ける方法

研修・講習を個別に申し込む場合、

日本医師会:研修会をさがす

東京都医師会:産業医スケジュール(都内のみ)

これらのページから探せます。なお、日本医師会のページでは、メール登録をしておくと、最新の研修会情報をお知らせしてくれます。

メールアドレス登録 | 日本医師会

集中講座の受講による単位取得

お金やまとまった時間が必要ではありますが、やはり「集中講座の受講」が一番手っ取り早い方法ではあります。

産業医科大学がやはり集中講座の筆頭格ですね。
産業医学基礎研修会集中講座 | 産業医科大学

産業医学基礎研修会 東京集中講座 | 産業医科大学

自治医科大学も集中講座をやってましたが、
自治医科大学産業医学研修会休止のお知らせ
と、当面は中止する意向とのことです。

現状、集中講座を受けるとなれば、産業医科大学の講座に応募すると考えておいた方がよさそうです。ただ、北九州まで行く…ということを考えると、できれば東京集中講座の方を受けたいところです。

なお、2021年は
・11/22~27日での6日間開催
・定員は270名
・費用は15万円
だったそうです。しかしながら、これで50単位すべて揃います。

東京近郊での集中講座に関しては、以下の記事

【2022年度】認定産業医になるための東京で開催する集中講座まとめ
「日本医師会認定産業医」になるためには、下記の合計で50単位が必要となります。 ・前期研修:14単位以上 ・基礎研修会 実地研修:10単位以上 ・後期研修:26単位以上    =合計 50単位以上 1単位1時間ですので、最低でも...

にまとめておりますので、ご参考いただけますと幸いです。

オンライン講座(5月より運用開始予定)

日本医師会の発表によりますと、5月から研修会がweb開催予定であり、現在稼働を目指しているとのことです。

産業医の講習会がオンラインで受講可能に-「日本医師会web研修システム」が5月から稼働予定
日本医師会が、web研修システムを開発中と定例記者会見で明かしたそうです(日医の研修会がweb開催可能に、5月稼働目指す)。5月には稼働開始される予定とのこと。 認定産業医の座学研修なども、このコロナ禍で受講しづらい状況が続いていて、...

コロナ禍で開催しづらい、なおかつ定員も少ない状況であり、早くオンライン講座開催を、と希望されている方は多いでしょう。

以上です。
50単位を取得したら、最寄りの医師会に申請を行いましょう。

認定産業医になるための申請・登録方法
認定産業医として登録されるためには、「50単位集める」というだけではダメです。「都道府県医師会に申請を行う」必要があります。 さて、その手続きの方法ですが、次のような2ステップで行います。 1) 以下の所定の書類を集める。 ...

それで手続きとしては終了です。

なお、こちらの記事

勤務医から産業医に「最短・最速」でなるための3ステップの転職活動方法
私は後期研修医の時、「そうだ産業医になろう」と思い立って転職活動を始めました。しかし、当時はネット情報もさほどなく、また周囲に産業医のドクターもいなかったため、「どうしたらいいのよ…」と右往左往しながら、なんとも効率の悪い転職活動を行ってい...

にも書いておりますが、晴れて認定産業医になられても、よほどのコネがあれば話は別ですが、産業医未経験のドクターが自ら求人を探して…ということは難しいです。求人紹介や転職活動のサポートをしてもらうため、まずはリクルートドクターズキャリアや、エムスリーキャリアにご登録いただき、転職エージェントに相談されることがオススメです。

タイトルとURLをコピーしました