産業医の採用面接対策

産業医の採用面接対策

産業医の採用面接、「一次面接」を上手く利用して最終面接に活かす2つのポイント

産業医の採用面接は、「書類選考→一次面接→最終面接」といった流れを踏みます。一次面接では、人事の採用担当者の方々(既に勤務している産業医・保健師が同席することもあります)が主に担当し、最終面接では、部長~役員レベルが登場することもあります。...
産業医の採用面接対策

産業医の採用面接を受ける前に調べておきたい「企業情報」のリサーチ方法と注意点

産業医の採用面接を受けに行きますと、「弊社のことをご存知ですか?」「弊社の仕事内容はご存知ですか?」と質問されることがあります。 有名企業であれば、身近でもありますし、答えることはできるかもしれませんが、「採用面接を受けるにあたって初...
産業医の採用面接対策

【産業医の採用面接】面接官が「失敗談や大変だった仕事」を質問する意図と対策

産業医の採用面接で、面接官が「今までの仕事の失敗談を教えてください」あるいは「今までの仕事で、一番大変だったものはなんですか?」といったことを質問することがあります。 こうした質問の意図をしっかりと捉えていないと、今までの仕事のエピソ...
産業医の採用面接対策

「なぜ産業医になりたいのですか?」という志望理由・志望動機を説明する上で踏まえるべき3つのポイント

「なぜ産業医になりたいと思うんですか?」という質問は、やはり多くの企業の採用面接で聞かれます。 面接では、やはり仕事への熱意であったり、真面目で仕事へ真摯に向き合う人柄なのかどうか、といったところを採用側は見たいと思っているはずですの...
産業医の採用面接対策

産業医の採用面接で聞かれやすい質問と回答のポイントまとめ

産業医の採用面接は、臨床医の採用面接と比べて厳しいものとなることは覚悟しておいた方がよろしいと思います。その理由としては、 ・臨床医の場合は一回で面接終了になることが多いのに比べて、産業医の場合は2~3次面接がある。 ・面接を担...
産業医の採用面接対策

産業医面接で面接担当者は「どのような視点」で応募者を見ているか?【医師転職】

一般的に採用面接では、応募者の「スキル・経験の確認」「志望理由を中心とした熱意の確認」「協調性などの人物評価」を行うとされています。 裏を返せば、応募者としては「仕事に必要なスキル・経験がある」「熱意のある志望動機を語る」「素直さや協...
産業医の採用面接対策

産業医の採用面接で「未経験」という不利な点をどうカバーするか【医師転職】

誰しも「未経験」という状態があるわけで、常勤産業医になるにはその「未経験」ということが乗り越えるべき一つ目の壁となります。 もちろん、企業の中には「他の産業医や保健師もいて、一からトレーニングしてもらえればいい」と考えているところもあ...
産業医の採用面接対策

産業医に転職する上で「知識や経験」より重視されることは?【医師転職】

産業医の転職は、基本的に「中途採用」扱いとなります。新卒では本人の資質などが重視される傾向にありますが、中途採用ですと、即戦力である必要がある(中には一から育てるという企業もありますが)とともに、「既にいるスタッフや社員と上手くやっていける...
産業医の採用面接対策

産業医の採用面接で「最後に、何か質問はありますか?」の逆質問で何を聞くべきか【医師転職】

採用面接でよくあるのが、「最後に、何か質問はありますか?」という逆質問です。「今までお話いただきました中でお答えいただきましたので、ございません」とあっさり終了するのもありかな、とは思いますが、できればせっかくの機会でアピールしたいところで...
産業医の採用面接対策

産業医の採用面接で「内定の確率を上げる」ためにすべきこと【医師転職】

産業医の採用面接の特徴としては、一次面接・二次面接があり、なおかつ一回の面接時間も臨床医の採用面接と比べて長く、質問数も多いといったことが挙げられます。 また、求人数自体が少ないため倍率も高く、書類選考や一次面接を突破しても「落とされ...
タイトルとURLをコピーしました