夏場に「安全衛生委員会の議題」で困った時のためのネタまとめ(配布資料リンクあり)【産業医・衛生管理者向け】

春に委員会も新体制となり、その後、夏場を迎えてもう「安全衛生委員会の議題、どうしよう…」と迷っておられるかたもおられるのではないでしょうか。

産業医、委員、衛生管理者などとなって間もなくですと、やはり「何を取り上げればいいんだ?」と悩みがちだと思われます。

そこで今回は、これから本格的に迎える夏場での「安全衛生委員会の議題」について書いてみたいと思います。

熱中症対策

やはり、熱中症対策を置いて、夏場の議題は他にないと言っても過言ではないでしょう。ただ、「もう先月やったし、例年そうだし…そう何回も熱中症対策って言われてもなぁ…」という時は、少し視点をズラしてみると、議題として取り上げやすいと思います。

特に2020年度ですと、新型コロナウイルス対策も平行して行う必要があり、

職場における熱中症の予防について

暑さ指数(WBGT)とは?

などを基本として、

「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイント

などを取り上げるのもよろしいでしょう。

その他、

熱中症を防ぐためには

・熱中症のハイリスク患者(職場における熱中症対策について説明せよ【労働衛生コンサルタント試験 予想問題】)

といった熱中症の落とし穴的な内容も意外性があって聴いてくれると思われます。

職場の温湿度管理

夏場、エアコンの温度設定を巡ってバトルとなるような職場もあるようですが、どの程度の温度・湿度とすべきなのか、事務所衛生基準規則に照らし合わせ、どの程度にすべきなのか、改めて復習しましょう。

職場の温湿度管理について【DL資料】

快適な職場環境を作るための具体的な工夫なども触れられていますので、参考にしていただいてはいかがでしょうか。

夏場の食中毒

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、飲食店が出前やテイクアウトを行うことが増加していることもあり、さらに夏場の食中毒はハイリスクとなっている可能性があります。

食中毒について【DL資料】

STOP食中毒 飲食店のお弁当やテイクアウトの安全のために

などの資料をもとに、基本的な食中毒の知識について再確認してみてはいかがでしょうか。

夏バテ対策について

夏場、特に酷暑で炎天下に晒されたり、ひんやりとした冷房のよく効いた室内に入ったりしますと、体が追いついていかず、自律神経失調状態に陥ってしまう…なんてことがあります。

自律神経失調症について

などについて触れ、夏バテ対策について触れてみるのもよろしいでしょう。

困った時の「通年で使えるネタ」

困った時には、季節を問わない「通年ネタ」もあります。安全衛生委員会の議題でお困りの方に-月ごとのテーマ、通年ネタ集にも掲載しておりますので、ご参考にしてみてはいかがでしょうか。

その他、「「安全衛生委員会でネタが無い…」そんな時に試したい4つの方法【衛生管理者・産業医向け】」といった方法もあります。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。