医師転職の基本

医師転職の基本

ドロッポ医になって「むしろストレスを溜めてしまう」医師の3つの特徴

ドロッポ医とは、常勤勤務医からドロップアウトして、専門性の高くない非常勤・スポットバイトなどで食いつないでいく医師のことです。ここでは、専門医資格や専門的な知識・技能でバリバリとフリーで稼いでいるような方は、「フリーランス」として分けたいと...
医師転職の基本

「転職を繰り返してしまう医師」から脱却するための3つのポイント

「1年未満での転職を3回繰り返している」といった転職を繰り返している医師に対して、やはり採用担当者は「協調性がないんじゃ…」「やる気ないんじゃないの?」「忍耐力がない」などと否定的なイメージを感じてしまいます。 ですので、「最低でも1...
医師転職の基本

辞めようとしている専攻医に「今、ここで辞めたら将来食いっぱぐれるぞ」という脅し文句はもう効かないと思う理由

「今、ここで辞めたら将来食いっぱぐれるぞ」というセリフ、実は私も後期研修医の時に医長から言われました。「先生、ちょっとお話が…」と声をかけ、後期研修をやめて療養型病院で働くつもりであること、内定を既にもらっていることを伝えた後にこう言われた...
医師転職の基本

産業医になった今、私が後期研修医(専攻医)の時にドロップアウトして「臨床医以外の道を選ぶべき」だったと思う理由

産業医になった今、メンタル不調を訴えて面談に来られた社員さんに「もう毎日毎日、辛くて…辞めるべきだと思います?」と質問されることもあります。 そんな時、「私も最初は病院に勤務していて、後期研修医の時に臨床医をやめましてね。その時は、本...
医師転職の基本

専攻医の時にこそ「辛さ、大変さ」などを指導医に伝えておくべきだと思う理由

某医師掲示板で、まだ経験の浅いという医師の立てたスレッドがプチバズりしていました。「もう息切れして、苦しい、眠れない…」という悲痛なコメントとともに、「それでも頑張って仕事をしている」とのことです。 「私は社会不適合者なんだと思います...
医師転職の基本

「月3回の当直」でも耐えられなかった結果、産業医になった私

某医師サイトで、当直「年間235回」という医師のことが紹介されていました。私にとっては「え?信じられない…」という数字ですが、年間200日超えの医師は他にもいるという事実に驚かされました。 当直200日/年 ということは、単純計算で月...
医師転職の基本

「一人医長」のポストに転職する上で注意すべき3つのポイント

「一人医長」とは、部下となる医師がその診療科におらず、一人だけでその科を担うことを一般的には指すと思われます。 医師が多く存在しているような都心部ではあまり起こりえませんが、医療過疎地のような地域では比較的そのようなケースは多く、また...
医師転職の基本

医師の転職を「前職でのトラウマ」が失敗に導く3つのパターン

今の職場での過重労働や、最悪な人間関係がきっかけで「転職しよう」という方は少なくないと思います。そんな中で、注意しなければならないことの一つが、「前職でのトラウマ」を引きずってしまうことだと思います。 「前職でのトラウマ」と書きますと...
医師転職の基本

医師が転職する上なら「勤務開始月」を決めてから「転職開始日」を決めるべき理由

医師が多く転職する月と言いますと、他の職種同様に「4月と10月」が思い浮かぶと思います。ですが、実は4月>1月>10月の順に勤務開始月は多くなっています。 この時期に多く転職する人が多いということは、この2~3ヶ月前あたりから病院の求...
医師転職の基本

医師がストレスで体調を悪化させながら働き続けてしまっている時に考えたい出口戦略

私も後期研修医の時、とにかくストレスが溜まり続け、睡眠障害が出始めたのをきっかけにガタガタと体調を悪化させてしまいました。あのまま後期研修医を続けていたら…と思うと、色々と空恐ろしいところがあります。 そんな中、最近、私の友人も対人的...
タイトルとURLをコピーしました