医師転職の基本

医師転職の基本

医師が「知人からの紹介」で転職する上で注意したい5つの落とし穴

医師が転職する場合、「知人に紹介されて」というケースが多いと言われています。やはり「お世話になっているあの先生が紹介しているなら間違いないだろう」といったことであったり、あるいは「昔から知ってる友人が紹介してくれるなら安心」といった心理が働...
医師転職の基本

医師が「当直ができない」「時間外の電話や呼び出しに対応できない」といったことを前提に転職を考えられない理由

私の義弟は産婦人科医なのですが、正月も早々に勤務があり、月の当直回数も聞いて驚いてしまうほどです。残業も非常に多く、それを聞くだけでも本当に頭が下がる思いになったりします。 同期の多忙な医師の話を聞いても同様で、バリバリと臨床しつつ研...
医師転職の基本

医師が「退勤後や休日の問い合わせ電話や呼び出し」が苦痛であるという理由で転職しても良いと思う

私が産業医として勤務する企業でも、トラブルが発生すれば社員さん(事務部門を除く)は「24時間365日、連絡や呼び出しがある」状態です。 現場にいるスタッフや顧客からの連絡を受け、土日も返信や折り返しの電話をしなければならないということ...
医師転職の基本

医師が「1月になったら転職活動を始めよう」と思っていて失敗してしまう3つの理由

4月をめがけて「転職しよう」と思う方は多く、現在も転職活動中というドクターもおられるのではないでしょうか。ですが、一方で「1月になってからでいいや。まだ3ヶ月もあるし」という方もおられます。 ですが、実は「1月になったら転職活動を始め...
医師転職の基本

医師の転職での「年収の条件交渉」を上手く進める方法と注意したいポイント

医師の転職において、採用面接で「年収はいくらを希望しますか?」と質問されることも多く、そこから条件交渉が進んでいくのが基本的であると思われます。 ある程度、転職慣れしていると、採用面接時にそのような質問がくることも予想できますし、条件...
医師転職の基本

臨床医であることに疲れたら「臨床医をお休みする」という選択をしてもいいのでは?

悪いことは重なるもので、当直があってヘトヘトだった後、運悪く深夜呼び出しを受けたり、さらに患者さんからげんなりするようなクレームを受け、そのことで上司にお叱りを受ける…なんてことを私自身も経験したことがあります。 その頃は不眠症状で悩...
医師転職の基本

国公立病院から民間病院への転職で気をつけるべき3つのポイント

国公立病院と言いますと、自由にバイトできないといったデメリットはある一方、手厚い福利厚生があったりといったメリットもあるといったイメージがあります。では、公立病院から民間病院への転職を考えた場合、どのような点に注意した方がいいのでしょうか。...
医師転職の基本

ドロッポ医になって「むしろストレスを溜めてしまう」医師の3つの特徴

ドロッポ医とは、常勤勤務医からドロップアウトして、専門性の高くない非常勤・スポットバイトなどで食いつないでいく医師のことです。ここでは、専門医資格や専門的な知識・技能でバリバリとフリーで稼いでいるような方は、「フリーランス」として分けたいと...
医師転職の基本

「転職を繰り返してしまう医師」から脱却するための3つのポイント

「1年未満での転職を3回繰り返している」といった転職を繰り返している医師に対して、やはり採用担当者は「協調性がないんじゃ…」「やる気ないんじゃないの?」「忍耐力がない」などと否定的なイメージを感じてしまいます。 ですので、「最低でも1...
医師転職の基本

辞めようとしている専攻医に「今、ここで辞めたら将来食いっぱぐれるぞ」という脅し文句はもう効かないと思う理由

「今、ここで辞めたら将来食いっぱぐれるぞ」というセリフ、実は私も後期研修医の時に医長から言われました。「先生、ちょっとお話が…」と声をかけ、後期研修をやめて療養型病院で働くつもりであること、内定を既にもらっていることを伝えた後にこう言われた...
タイトルとURLをコピーしました