産業医として、糖尿病治療に消極的な社員の就業制限をどう考えるべきか-血糖値やHbA1cによる就業制限は可能?

健康診断を実施し、糖尿病が疑われる社員さん、もしくは糖尿病治療中で血糖コントロール不良な社員さんが少なからずいます。そんな時、受診勧奨を行ってもなかなか受診してくれなかったり、受診していてもHbA1cが10%近かったりするわけです。

そんなとき、「このまま放置するようだったら、就業制限をかけるしかないか」といった意見が持ち上がることがありますが、「空腹時血糖値」「HbA1c」の値ですぐさま就業制限をかけられるかと言うと、なかなか難しいですね。

たとえば、極度な高血糖で「今にも意識を失ってしまいそう」という方なら話は別ですが、そうではなく、「緊急を要しないが、放置していい値ではない」というようなケースであると、なかなか治療に前向きになってもらえないと、やきもきします。

企業によっては、「HbA1cが10%を超えたら、就業禁止」といったことが決まっているところでは話が早いですが、なかなかそこまで決まっているところは少ないでしょう。そのため、「糖尿病患者で、コントロール不良=即、就業禁止」とはなかなか言えません。

ただ、糖尿病と合併症は密接に関わっているのは周知の事実でしょうから、その評価はしっかりと行う必要があるでしょう。
・頚動脈エコーでの動脈硬化の評価
・眼底検査
・尿検査
など、もし健康診断や人間ドックで検査していないケースでは追加でして頂いたり、主治医の意見書・診断書などを書いてもらうといったことを行い、場合によってはそうした合併症を理由に就業禁止措置をとる、といったことが必要になるかもしれません。

なお、「面談を何かと理由をつけて拒む」「メールや電話をしても返答がない」といったことがあれば、しっかりと記録に残しておきましょう。もし就業上、トラブルが起きた場合、大事な証拠となりえます。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。