労働衛生コンサルタント試験「口頭試験」対策の問題・解説集

スポンサーリンク

こちらのページでは、労働衛生コンサルタント試験(保健衛生)の口述試験対策の問題および、その解説についての記事をまとめています。

「基本問題」「実地問題」「応用問題」に問題を分けており、試験勉強の際には上から順にご参照いただけますと幸いです。

基本問題

労働衛生コンサルタントの法律上の業務および義務について説明せよ

労働衛生の3管理とは何か?

リスクアセスメントとは何か?

コントロール・バンディングとは何か説明せよ。また、メリット・デメリットについてそれぞれ説明せよ。

ハザードとリスクの違いとは何か?

管理濃度と許容濃度の違いとは何か?

OSHMSとは何か?

労働衛生コンサルタントと産業医の違いとは何か?

法律、施行令、施行規則の違いについて説明せよ。

実地問題

作業環境測定とはなにか説明せよ

有害作業における作業環境管理について説明せよ

IARC発がん性リスク一覧の分類の特徴について説明せよ

VDT作業における労働作業管理・対策について説明せよ

腰痛における労働衛生管理・対策について説明せよ

過重労働対策について説明せよ

放射線業務従事者の防護について説明せよ

湿球黒球温度(WBGT)とはなにか?

WBGT値を低減させるための作業環境管理対策・作業管理は何か?

熱中症予防をめざす上で、暑熱作業のリスクアセスメントはどのように行うか?

転倒災害の防止対策について説明せよ

メンタルヘルス対策における一次予防、二次予防、三次予防の違いとはなにか?

メンタルヘルスケアにおける「4つのケア」とは何か説明せよ

応用問題

古くなった工場を外部業者に委託して取り壊そうとする時、注意すべき点は?

作業環境測定で第I管理区分にもかかわらず特殊健康診断で有所見者が出た場合の原因はなにか?

コンサルタントとして、「対策するためのお金がない」と言う事業者をどう説得しますか?

参考書紹介

産業医のための労働衛生コンサルタント口述試験対策マニュアル: 一発合格するための秘訣

労働衛生コンサルタント試験の口述試験に特化した、勉強方法・対策法・合格するための秘訣について記載しています。

まずはこれだけ!労働衛生コンサルタント口述試験対策問題集: 必須の41問

労働衛生コンサルタント試験の口述試験で、問われる可能性の高い質問を集めた問題集です。この41問をしっかりと押さえておけば、合格は非常に近づいていると思われます。

スポンサーリンク

産業医の人材紹介会社選びで迷ったら

産業医の人材紹介会社を「どこにすればいいと思う?」と聞かれたら、私は迷わず「リクルートドクターズキャリア、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思うよ」と答えると思います。

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

というのも、臨床医に比べてハードルの高い常勤産業医の内定を勝ち取れたのが、この2社にサポートしてもらった時だけだからです。他の人材紹介会社にも登録して採用面接を受けたのですが、ことごとく落とされました。

求人数も多く、なおかつ「大手だから」という安心感は求人を出している企業側にもあると思います。「あまりよく知らない」紹介会社を利用して転職活動を行うよりは、その点、大手の会社を利用する方がメリットがあるのではないでしょうか。現に、私が勤務していた企業も、やはり大手の人材紹介会社しか使わないという方針でした。

もちろん大手だからというだけでなく、転職エージェントのサポートも手厚く、問い合わせのレスポンスもこの2社はピカイチだからこそオススメです。

おそらく今後、また私が転職することがあるならば、間違いなくまたこの2社にサポートを依頼すると思います。もし産業医への転職を考えていて、人材紹介会社の利用を考えておられるなら、リクルートドクターズキャリアと、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思います。

スポンサーリンク
産業医になろう
タイトルとURLをコピーしました