管理濃度と許容濃度の違いとは何か?【労働衛生コンサルタント試験口頭試験対策】

許容濃度

許容濃度とは、「労働者が1 日8 時間、1 週間40 時間程度、肉体的に激しくない労働強度で、有害物質に暴露される場合に、当該有害物質の平均暴露濃度がこの数値以下であれば、ほとんどすべての労働者に健康上の悪い影響が見られないと判断される濃度」のことである。

評価の対象は、「人への曝露濃度」であり、測定を行うのは、「個人曝露モニタリング」である。

日本産業衛生学会が勧告を行っているものであり、法的規則はない。日本産業衛生学会の許容濃度等委員会は、毎年1回、化学物質の許容濃度や生物学的許容値、発癌物質と物理的環境因子の許容基準について勧告を実施している。

管理濃度

管理濃度とは、作業環境管理を進める上で、有害物質に関する作業環境の状態を評価するため、作業環境測定基準に従って実施した作業環境測定の結果から作業環境管理の良否を判断する際の管理区分を決定するための指標である。

評価の対象は、「事業場における有害物質の濃度」であり、作業環境測定により、その数値を測定する。

厚生労働大臣が告示するものであり、法定規制がある。

おまけ:抑制濃度

抑制濃度とは、「発散源付近における、有害物質の濃度をその値以下に抑えることによって、作業者のばく露濃度を安全水準に保つよう意図して定めた濃度」のことである。

鉛、特定化学物質などについて、局所排気装置が適切な機能を維持しているかどうかを判断するために測定を実施する。局排フードの外側の濃度を評価するため、局所排気装置の性能検査を実施する。

厚生労働大臣が告示するものであり、法定規制がある。

おまけ2:歴史

歴史としては、許容濃度→抑制濃度→管理濃度の順に古い。
・許容濃度
許容濃度は昭和34年、日本産業衛生協会(日本産業衛生学会)の中に許容濃度等委員会が設置され、昭和36年、17物質の許容濃度が発表された。

・抑制濃度
昭和46年、特化則において局所排気装置の性能の要件として労働大臣が定める値(抑制濃度)が告示された。

・管理濃度
昭和50年、労働省から塩化ビニルモノマーの管理濃度が通達された。昭和59年、作業環境測定結果を評価するための指標として、管理濃度が通達された。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。