ドロッポ医から産業医になるための転職で踏まえておきたい3つのポイント

私は、後期研修医の時にドロップアウトし、気が向いたらスポットのバイト(インフルエンザ予防接種、健診、透析のバイトなど)をするという生活を送っていました。

なお、ドロッポ医生活に至るまでの経過については、

「ドロッポ医師」が誕生するまでの3ステップ-きっとあなたはまだ踏み止まれる
常勤勤務医から「ドロップアウト」して、非常勤・スポットバイトなどで食いつないでいく医師のことを、「ドロッポ」「ドロッポ医師(ドロッポ医)」「泥医」などと呼ぶそうです。 「フリーランス」とは異なり、常勤医がそうした医師を呼ぶ際の蔑称、も...
「専攻医/後期研修医を辞めてドロッポ医になる」という選択をする前に考えておきたい3つのこと
私も後期研修中に、専門医資格を取得する前に退職しておりますが、「正直、あんまり何も考えずに辞めていたなぁ」と改めて思った次第です。 きっかけは、当直やオンコール、深夜呼び出しが立て続けにあって不眠症状が悪化し、ストレスを溜め続けていた...

こちらの記事に書いておりますので、ご興味がありましたらご参考にしていただけますと幸いです。

バイト以外の日は、深夜から早朝までお酒を飲みつつゲームをして、昼過ぎに起きるという生活でした。そんな時期があったということを、当時の彼女だった現在の妻にも未だに言えていません。

そんな最底辺をさまようドロッポ医だった私が産業医になる転職を行ったわけですが、その頃に知っておきたかった、「ドロッポ医から産業医になるための転職で踏まえておきたい3つのポイント」について今回の記事では書いてみたいと思います。

東京などの首都圏での勤務を検討する

北関東の田舎でドロッポ生活を送っていた私は、地元で産業医になろうとしていましたが、そんなところに、常勤産業医を置く義務を負う社員数1000人規模の企業はあまりありません。

つまりは、求人が多いところで言いますと、関東だったら大企業の多い東京・横浜近辺ですので、そういったエリアで職探しをする必要があります。

実家は別に開業しているわけでもなく、地元にいる理由は特にありませんでしたので、結局、私は入職した企業の近くへ引っ越しをしました。東京で勤務するとなりますと、都内もしくはアクセスの良い埼玉県などで転居することを考えた上で産業医になることを考えるとよろしいのではないでしょうか。

社会性・協調性は必要ですよ

元々、社会性や協調性がなくて後期研修をドロップアウトしたわけですが、ドロッポ医生活でその社会性・協調性のなさは拍車がかかってしまったように思います。

ですが、産業医になりますと、保健師や人事労務担当者たちと上手く関係性を築いていく必要があり、ある程度の社会性・協調性は必要になります。

寝当直バイトなどだけでなく、できれば外来のバイトなどで少しずつでも社会性や協調性を取り戻しておいた方がよろしいかと思います。

産業医未経験で、自力で内定を勝ち取ることは困難

産業医未経験の段階で、「未経験可」の産業医求人を探し、なおかつ採用の一次面接、二次面接を勝ち抜いて内定を得るのはかなり難しいです。実際、私も自分で求人をネットで探そうとして挫折してしまいました。

ですので、そこは無理をしたり肩肘を張らず、リクルートドクターズキャリアや、エムスリーキャリアに登録し、転職エージェントの求人紹介やアドバイスを受けるようにしましょう。

以上です。
まだ認定産業医の資格が得られていないということでしたら、

【2022年度版】認定産業医になるための研修会・講習会・集中講座の探し方
コロナ禍ということもあり、認定産業医になるための研修会・講習会の数、定員数も減少傾向にあります。そのため、「研修・講習を受けたいのに、なかなか受けられない」という先生方も多いのではないでしょうか。 そこで今回の記事では、改めて「認定産...
産業医になるには-要件、かかる時間・費用について
私が「産業医になろう」と思い始めた頃、今ほどネット情報もなく、周りに産業医の先生がいたわけではないので、「どうやったら産業医になれるの?」ということを調べるのに非常に苦労した覚えがあります。 お恥ずかしながら、「産業医になるには、医師...
勤務医から産業医に「最短・最速」でなるための3ステップの転職活動方法
私は後期研修医の時、「そうだ産業医になろう」と思い立って転職活動を始めました。しかし、当時はネット情報もさほどなく、また周囲に産業医のドクターもいなかったため、「どうしたらいいのよ…」と右往左往しながら、なんとも効率の悪い転職活動を行ってい...

こちらの記事が参考になると思われますので、お読みいただけますと幸いです。

タイトルとURLをコピーしました