後期研修医(専攻医)の頃に嫌気が差していた「休日に映画を観に行っても、電話が気になって楽しくない」働き方

私が産業医として勤務している会社では、「土日祝日にも顧客から問い合わせがあり、返答を要求される」という業種です。そのため、「休日であっても顧客からの問い合わせがないか気になって、スマホを手放すことができない」という社員が多いです。

メンタル不調を訴える社員さんと面談をした時に言われたことで、私も後期研修医(専攻医)時代を思い出しました。それは、「休日に映画を観に行っても、電話が気になってしまって楽しくない」ということでした。

これは私も後期研修医の時に思っていたことであり、県外への外出も呼び出しの可能性を考えて、躊躇していました。

「電話は出られる時に出ればいいじゃないか。出られなかったら、折返しすればいいし」などと思われるかもしれませんが、そのことで先輩や上司に病棟からの問い合わせ・相談の電話がいってしまう可能性もあり、「なかなかそうはできないよ」と思っていました。

昨今、勤務時間外の「つながらない権利」といったことも言われていますが、

産業医になって痛感する「勤務時間外につながらない権利」の尊さ
ドイツ在住のフリーライター・雨宮紫苑さんの記事ですが、「欧米の「つながらない権利」が徹底していてすごかった」の内容で、ドイツのホームドクターに「血液検査結果を送って」と依頼したところ、「現在休暇中なので総合窓口にメールしてください。受信した...

なかなか勤務医、特に専攻医にとっては、その主張はできないところかもしれませんね。後期研修医時代を思い出してみると、やはりこうした「時間外の問い合わせ、呼び出し」と「当直」が私にとっては耐え難いストレスだったと思います。

この点、

産業医になることのメリットとデメリット、産業医の立場からぶっちゃけます
私が産業医として働きだして、10年近くになってきています。そもそも臨床医から産業医になろうと思ったのは、 に詳しく書いていますが、体調不良と医長との関係悪化で退職したことがきっかけであり、正直なところ「臨床医をもう続けたくない...

にも書きましたが、産業医ですとこうしたストレスからは解放されます。「臨床医としての働き方」が困難だった私にとっては、とても働きやすくなりました。

現在、専攻医として勤務していて私同様に「勤務医、もう無理だわ」と思われるようでしたら、産業医という選択もあるということはお伝えしたいと思います。

「専攻医/後期研修医をやめて産業医」になろうと考えている若手医師への5つのアドバイス
私自身、専門医資格の取得もできていない内に後期研修医をドロップアウトしています。ですので、同じような道を辿ろうとしている人たちの気持ちは痛いほど分かります。 当時のことを今から振り返れば、「こうしておけばよかったな…」という後悔もあり...

「産業医になってみようかな」とお思いでしたら、こちらの記事をご参考にしていただき、検討してみてはいかがでしょうか。なお、認定産業医資格をお持ちということでしたら、リクルートドクターズキャリアや、エムスリーキャリアに登録を行えば、無料で求人紹介をしていただけますので、ご相談いただいてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました