産業医と「退職金」について-産業医として老後を考える【産業医転職】

スポンサーリンク

私は3社に常勤産業医として入職しておりますが、そのいずれも「退職金なし」という企業でした。産業医求人を日頃見ておりますが、やはり「退職金なし」という企業が多いように思います。

実際、退職金の有無というのは企業の制度に委ねられているわけで、「退職金なし」というのは別に違法でもなんでもありません。ですので、産業医として入職して「退職金なし」というケースも多々あるものと思われます。

一方、病院勤務ですと、恐らく「退職金あり」という施設が多いのではないでしょうか。私も臨床医時代はその制度があり、勤務年数もさほど長くありませんでしたが、いただいた記憶があります。

さて、産業医として勤務し続けている場合、やはり退職金なし、ということになりますと、老後の生活資金が気になるところです。貯蓄を日頃からする、というのも大事なことですね。

その一方、「どうしても老後の心配が…」ということでしたら、日本医師会の医師年金に加入しておくというのも手であると思われます。退職金のように一度にドカッともらえるわけではありませんが、老後の生活資金を考える上で、検討する価値はあると思います。
また、一部には「退職金支給」という産業医求人もあるようです。もしそうした求人を、ということでしたら、「リクルートドクターズキャリア」や、「エムスリーキャリア」などの転職支援会社の転職エージェントと相談してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

産業医の人材紹介会社選びで迷ったら

産業医の人材紹介会社を「どこにすればいいと思う?」と聞かれたら、私は迷わず「リクルートドクターズキャリア、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思うよ」と答えると思います。

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

というのも、臨床医に比べてハードルの高い常勤産業医の内定を勝ち取れたのが、この2社にサポートしてもらった時だけだからです。他の人材紹介会社にも登録して採用面接を受けたのですが、ことごとく落とされました。

求人数も多く、なおかつ「大手だから」という安心感は求人を出している企業側にもあると思います。「あまりよく知らない」紹介会社を利用して転職活動を行うよりは、その点、大手の会社を利用する方がメリットがあるのではないでしょうか。現に、私が勤務していた企業も、やはり大手の人材紹介会社しか使わないという方針でした。

もちろん大手だからというだけでなく、転職エージェントのサポートも手厚く、問い合わせのレスポンスもこの2社はピカイチだからこそオススメです。

おそらく今後、また私が転職することがあるならば、間違いなくまたこの2社にサポートを依頼すると思います。もし産業医への転職を考えていて、人材紹介会社の利用を考えておられるなら、リクルートドクターズキャリアと、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思います。

産業医転職の基本
産業医になろう
タイトルとURLをコピーしました