専攻医(後期研修医)が産業医へ転職する上で躊躇しがちな3つのポイント

私も後期研修医から転職をする際、大変迷いました。そもそも初めての転職である上に、今までの内科医としてのキャリアから大きく方向転換をするわけで、そのような変化に「不安になるな、躊躇するな」という方が無理だと思います。

まさしく今、専攻医のドクターで「産業医に転職しようかな」とお考えの方も、同様にお悩みなのではないかと思います。そこで今回の記事では、「専攻医(後期研修医)が産業医へ転職する上で躊躇しがちな3つのポイント」と題して書いてみたいと思います。

キャリアについての不安

専攻医(後期研修医)半ばでの産業医への転職ということになりますと、それはすなわち「専門医資格を取得する」ということを一度は諦めることになるわけです。

私もこれはとても不安に思っていました。そもそも専門医資格を取得するのが当然と思っていましたし、「資格もなく研修病院から離れる」ことで今後やっていけるのかという点で非常に不安でした。

ですが、産業医として勤務している上では不都合はないですし、転職をする上でも困ったことはありませんでした。また、「専門医資格がないからバイトできない」ということもなく、不利益を被ったことは実感としてありません。

そもそも臨床医から産業医になろうという人がまだまだ少ない状態ですので、そうなりますと「産業医として経験年数を重ねる」ことでも十分キャリアとしてはプラスとなると思いますので、産業医としてやっていこうということでしたら、あまり心配しすぎることはないと思います。

経済的な不安

産業医は臨床医と比べて「収入が低いんじゃないの?」と思われている方も多いと思います。「仕事は楽でも、収入が下がってしまうのは…」と思われるかもしれません。

ですが、以前の記事にも書いておりますが、勤務医の「常勤での給与+バイト代」の平均である「1461万円」は十分に稼げると思います。

「専攻医をドロップアウトして辞めた」後のキャリアとして「産業医になる」ことを選ぶ5つのメリット
新専門医制度が2018年より開始となり、「大学医局に在籍している方が有利」「資格取得の要件が難化・厳格化」しました。結果として、「ハイポな市中病院で後期研修をして、なんとなく専門医資格を取得する」ことが難しくなり、「はっきりと目的意識を持っ...

「週4日勤務+非常勤外来バイト1日」で、ほぼ勤務医並は稼げますし、条件の良い企業に経験を積んでから転職すれば、さらに上も目指せると思います。

「産業医では稼げない」というのは誤解であると思っています。しかも、「当直なし、オンコールなし、時間外の電話や呼び出しなし」といったQOLの良さのおまけ付きです。

転職の難しさ

転職の難しさは、たしかに否定はできない部分です。特に「一社目の壁」はあり、企業としては産業医経験者の方を優先的に採用したいということはあると思います。

しかしながら、他の産業医が既に在籍していて、「未経験でも受け入れ可能」という企業もありますし、「経験がないと転職できない」ということでもありません。

この点、転職には時間がかかる可能性も考え、やはり「在職中に転職活動を行う」ことを考えた方がいいです。私は退職後に転職活動をするということになってしまい、経済的にも精神的にも心細い思いをしました。

また、自分で求人を見つけるというのも時間・労力的に無理がありますので、その点は大手の求人紹介会社の転職エージェントに相談してしまう方が手っ取り早いです。

まずは

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

の2社に登録し、相談をしておくことをオススメします。

私はそれをしなかったがために、余計な時間がかかってしまいました…

以上です。
このような3点は、特に私が不安に思っていたり、心配していたものです。同じようなことでお悩みの方にとって、少しでも助けになれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました