認定産業医になるための申請・登録方法

スポンサーリンク

認定産業医として登録されるためには、「50単位集める」というだけではダメです。「都道府県医師会に申請を行う」必要があります。

さて、その手続きの方法ですが、次のような2ステップで行います。

1) 以下の所定の書類を集める。
・認定産業医新規申請書(医師会にあります)
・医師免許証の写(医師会員は不要)
・50単位分のシールを貼った産業医学研修手帳(Ⅰ) or 産業医科大学産業医学基本講座修了認定書、産業医科大学産業医学基礎研修会集中講座修了認定書

2) 所属もしくは最寄りの都道府県医師会に1万円を支払う。

以上です。

この申請が済むと、都道府県医師会長の審査・申請→日本医師会長の審査を実施した上で、認定証を交付します。

基本的には、
・50単位のシールを貼った産業医学研修手帳(Ⅰ)
・医師免許証の写
・1万円
・印鑑(書類作成のために必要)
を持って最寄りの医師会に行けばOKです。

審査・認定が行われるまでに、少々時間が必要ですので、もしその間に内定・入社することになっているようでしたら、その旨を会社側に伝えておいた方がよろしいでしょう。

スポンサーリンク

産業医の人材紹介会社選びで迷ったら

産業医の人材紹介会社を「どこにすればいいと思う?」と聞かれたら、私は迷わず「リクルートドクターズキャリア、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思うよ」と答えると思います。

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

というのも、臨床医に比べてハードルの高い常勤産業医の内定を勝ち取れたのが、この2社にサポートしてもらった時だけだからです。他の人材紹介会社にも登録して採用面接を受けたのですが、ことごとく落とされました。

求人数も多く、なおかつ「大手だから」という安心感は求人を出している企業側にもあると思います。「あまりよく知らない」紹介会社を利用して転職活動を行うよりは、その点、大手の会社を利用する方がメリットがあるのではないでしょうか。現に、私が勤務していた企業も、やはり大手の人材紹介会社しか使わないという方針でした。

もちろん大手だからというだけでなく、転職エージェントのサポートも手厚く、問い合わせのレスポンスもこの2社はピカイチだからこそオススメです。

おそらく今後、また私が転職することがあるならば、間違いなくまたこの2社にサポートを依頼すると思います。もし産業医への転職を考えていて、人材紹介会社の利用を考えておられるなら、リクルートドクターズキャリアと、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思います。

産業医情報
産業医になろう
タイトルとURLをコピーしました