今さら聞けない医師の働き方のあれこれ「常勤と非常勤の違いとは?」

スポンサーリンク

常勤と非常勤、なんとなく感覚的に「働いている日数が多い方が常勤、少ない方が非常勤」あるいは「バイト先が非常勤?」などと捉えていたりしますが、この常勤と非常勤の線引きの基準というものがあります。

厚生労働省医政局長通知「医療法第 25条第 1項の規定に基づく立入検査要綱」に書かれている、いわゆる「32時間ルール」というものがあり、週の労働時間が「32時間未満」の場合、「非常勤医師」とされます。

たとえば、1日8時間、週4日勤務していた場合、週32時間勤務となります。このような方ですと、一般的には「常勤医師」となるわけですね。

働く側からしますと、この常勤・非常勤の違いは、社会保険などの福利厚生に関わってきます。「先生は非常勤なので、社保には入れません」となることもあるわけです。しかしながら、この32時間ルールにとらわれず、週の労働時間が32時間以内であっても、常勤並みの福利厚生を与える病院や、産業医に福利厚生を手厚くする企業もあったりします。

しかしながら、一般的にはこの「32時間ルール」をもとに常勤・非常勤が分けられ、社保などの福利厚生を与えられるかどうかの違いがある、と覚えておけばよさそうですね。

もしこれから転職活動を、ということでしたら、特に産業医ですと「週に労働時間が32時間」ということも多くありえますので、その点はしっかりとチェックしておいた方がよさそうですね。非常勤扱いでしたら、社保などがついているのかどうかも合わせて見ておきましょう。

また、求人票だけではわかりにくいこともあるため、気になる求人であれば、リクルートドクターズキャリアエムスリーキャリアなどの転職エージェントに確認をしておきましょう。

スポンサーリンク

産業医の人材紹介会社選びで迷ったら

産業医の人材紹介会社を「どこにすればいいと思う?」と聞かれたら、私は迷わず「リクルートドクターズキャリア、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思うよ」と答えると思います。

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

というのも、臨床医に比べてハードルの高い常勤産業医の内定を勝ち取れたのが、この2社にサポートしてもらった時だけだからです。他の人材紹介会社にも登録して採用面接を受けたのですが、ことごとく落とされました。

求人数も多く、なおかつ「大手だから」という安心感は求人を出している企業側にもあると思います。「あまりよく知らない」紹介会社を利用して転職活動を行うよりは、その点、大手の会社を利用する方がメリットがあるのではないでしょうか。現に、私が勤務していた企業も、やはり大手の人材紹介会社しか使わないという方針でした。

もちろん大手だからというだけでなく、転職エージェントのサポートも手厚く、問い合わせのレスポンスもこの2社はピカイチだからこそオススメです。

おそらく今後、また私が転職することがあるならば、間違いなくまたこの2社にサポートを依頼すると思います。もし産業医への転職を考えていて、人材紹介会社の利用を考えておられるなら、リクルートドクターズキャリアと、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思います。

医師転職の基本
産業医になろう
タイトルとURLをコピーしました