医師臨床研修マッチングでも使える!病院見学する上での3つのコツ

就職・転職を検討する場合、病院への見学に行かれる方がほとんどではないでしょうか。初期研修でも、出身大学の大学病院を除いて、希望する病院へ見学をした上で検討する、という学生の方が多いでしょう。

マッチングで高倍率の病院では、特にそうだと思いますが、実は戦いはそこで始まっていたりします。今回、病院見学をする上で、人事担当者などに好印象を抱かれるコツについて、書いてみたいと思います。

1) 医師をチェック

何事も、下調べが重要だということですが、まずは、病院で働く医師をチェックしましょう。最近では、多くの病院が自分たちのホームページを作成しており、氏名や簡単なプロフィールなどが掲載されています。

病院長や副病院長の医師が、何科出身であり、どのような方なのか、知っておくと話をするときのネタになったりします。また、そうした下調べをしておくことで、緊張も幾分かしにくくなると思います。

マッチングの試験では、同時に面接官をする人でもあったりするので、しっかりと下調べをしておけば、面接官となりうる先生や、将来的に志望する科の先生に、その場で色々とアピールすることもできるわけですね。

2) 実際に働く医師と面識を作る

やはり、実際に働く医師の話ほど、具体的で役立つ情報はありません。見学に行ったら、積極的に医師とコミュニケーションをとりましょう。

特に、学生さんは、研修医の先生と仲良くなっておいた方が得です。試験の内容や、過去問などもゲットできる可能性はあるし、どのようなことが学べるのか、どのような労働条件なのか、といった情報が得られるはずです。

3) 一緒に見学する人がいれば、その人とも情報交換

自分がまだ見学に行っていない病院に、一緒に見学している学生さんや医師が見学していることもあります。その場合、情報交換をし合って、選択肢を広げるということも大事です。

ともにマッチングを受ける場合、一緒に研修をする仲間になることもあるので、出来うる限り、仲良くしておいた方が得なので、変にライバル意識を持たない方が良いと思います。

病院見学は、単に病院施設などを見る場ではありません。大げさに言ってしまえば、人脈作りの一環でもあり、自分のアピールの場でもあります。しっかりと下調べをした上で、病院見学に臨みましょう。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。