「消去法による転職」は失敗しやすいと思う理由【医師転職】

スポンサーリンク

私が後期研修医だった頃、一刻も早く「この病院から逃げ出したい」という気持ちでいっぱいでした。不眠症状の悪化、上司との関係性悪化など様々な要因が重なって「辞めたい」という心境でした。

結果、「ここ以外のどこかに転職したい」と、消去法的な考えとなり、結果として療養型病院への転職をしようとしていました。ですが、さしてその病院に行きたい、というわけでもないため、上司に退職・転職の件を伝えに行ったところ、「やっぱりこの転職は上手くいかないのかな…」と思い始め、内定を辞退することになりました。

こうした消去法的な転職をしそうになったことはその後もあり、一社目の産業医としての勤務が上手くいかなかったときも「病棟勤務以外で」という考えで健診医になろうと考えていました。

ですがその考えも翻すことになりました。というのも、リクルートドクターズキャリアや、エムスリーキャリアなどの転職エージェントと話す内に、「やはり産業医をしたい」という希望があると気づけたからだと思います。

産業医をしていて、社員さんとの面談をしていても分かりますが、グチグチと会社の悪口を言っている人ほど残り、「今のような仕事ではなく、こういった仕事がしたい」と話している社員さんほどすぐ転職していなくなるように思います。

もし今、転職活動をして悩まれておられるようでしたら、消去法ではなく「自分の希望って何なんだろうか?」と自分自身に問いかけることで転職は上手くいくかもしれませんね。

スポンサーリンク

産業医の人材紹介会社選びで迷ったら

産業医の人材紹介会社を「どこにすればいいと思う?」と聞かれたら、私は迷わず「リクルートドクターズキャリア、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思うよ」と答えると思います。

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

というのも、臨床医に比べてハードルの高い常勤産業医の内定を勝ち取れたのが、この2社にサポートしてもらった時だけだからです。他の人材紹介会社にも登録して採用面接を受けたのですが、ことごとく落とされました。

求人数も多く、なおかつ「大手だから」という安心感は求人を出している企業側にもあると思います。「あまりよく知らない」紹介会社を利用して転職活動を行うよりは、その点、大手の会社を利用する方がメリットがあるのではないでしょうか。現に、私が勤務していた企業も、やはり大手の人材紹介会社しか使わないという方針でした。

もちろん大手だからというだけでなく、転職エージェントのサポートも手厚く、問い合わせのレスポンスもこの2社はピカイチだからこそオススメです。

おそらく今後、また私が転職することがあるならば、間違いなくまたこの2社にサポートを依頼すると思います。もし産業医への転職を考えていて、人材紹介会社の利用を考えておられるなら、リクルートドクターズキャリアと、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思います。

医師転職の基本
産業医になろう
タイトルとURLをコピーしました