産業医の転職で、採用面接前に用意しておくべき最低限の3つのポイント【医師転職】

産業医の採用は、基本的に書類選考→一次面接→二次面接といった流れで進んでいきます。私は今まで三回の転職を行っており、一次面接で落とされたことはほとんどなく、比較的面接は得意な方だと思います。

いつも面接に臨む前、私はある程度のシミュレーションをしておくわけですが、「最低限、これだけはやっておくべきだな」と思うことがあり、そのことについて今回は書いてみたいと思います。

今での業務についてまとめておく

企業としては、やはり「この人ってどんな人なの?」ということを見るのと同時に、「どんな仕事ぶりな人なの?」といったところを見た上で、「この人、期待通り働いてくれそうだな」もしくは「ちょっと期待値を下回る人だな…」などと判断するわけです。

では、「どんな仕事ぶりな人なの?」というところを見るためにどうするかと言えば、やはり過去の仕事について話を聞くということになると思います。

ですので、今までの業務を振り返り、「この仕事は大変だったな」「あの社員の復職には苦労したなぁ…」といったことを話せるようにしておくべきだと思います。臨床医→産業医で、産業医未経験という先生についても、臨床医としてどのような仕事をしてきたのか、どのように患者さんと接してきたのかといったことを聞かれることはありますので、やはりまとめておくべきだと思います。

「どうして産業医になったのか(なるのか)?」への回答

臨床医とは異なり、産業医になるというのはやはりあまり一般的ではありません。ですので、「どうして産業医になったのか(なるのか)?」ということは答えられる必要があります。

この点、「臨床医から「なぜ産業医になるの?」という志望動機は転職活動の開始前に考えておいた方が良い理由」にも書きましたが、

・外来診療を日頃していて、生活習慣が元で、本来は予防できて、ならなくていい病気に苦しめられる患者さんを多く見てきて、そこを変えたいと思ったから。

・外来で仕事や人間関係に悩む社員さんが受診することがあり、主治医としてではなく、産業医として働きやすい環境を整えることに興味をもったから。

など、少しストーリー仕立て、エピソード仕立てで語ると分かってもらいやすいと思います。私は、最初の転職時から準備したエピソードを、最後の転職の採用面接時にも使いました。

企業と自分との接点

「どうして弊社を志望されたのですか?」という志望理由を聞かれることは当然として、「弊社をご存知ですか?」ということを聞かれることもあります。

その企業のファンであったり、自分と企業に接点があることを話せるようにしておきますと、急に面接担当者の顔が明るくなったりします。ちょっとヨイショ気味ではあっても、「御社の商品のファンで…」「実は、御社とこのような関わりがありまして、個人的に親しみを感じています」などといったことを話すのは効果的だと思います。

以上です。
上記三点は少なくとも用意して臨むわけですが、やはり個別の企業対策というものも存在し、できればリクルートドクターズキャリアや、エムスリーキャリアなどの転職エージェントに相談してから面接を受けられることをオススメしたいと思います。もし面接が不安で、ということでしたら迷わずご登録の上、転職エージェントにご相談されてはいかがでしょうか。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。