産業医の採用面接で直前にやっておきたい2つのチェック

産業医の採用面接を控えていますと、やはり緊張をするものですよね。私も10社弱の企業で面談を受けてきましたが、緊張しなかったことはありませんでした。

「直前で、今さらジタバタしててもしょうがない」というご意見もあるかもしれませんが、直前だからこそ、やっておいたほうが実はいいこともあります。

そんな採用面接を受けるに当たって、直前にやっておきたいことについて、今回は書いてみたいと思います。

提出した履歴書・職務経歴書の控えを改めて読む

面接の担当者も当然、提出した履歴書(場合によっては職務経歴書)を見ています。実際、ほとんどの企業で担当者は履歴書・職務経歴書を見ながら質問をすることが多いと思われます。

その内容を忘れてしまい、矛盾したようなことなどを言っていたりすると、「経歴、詐称してない?」などと無用な疑いを持たれる可能性があります。ですので、まずはしっかりとその内容を確認しておきましょう。

さらには、「自分の履歴書で、突かれると痛い、急所となる点はないか?」という視点から見直すことも重要です。「転職回数が多い/病院、企業の在籍年数が短い」、「産業医の実務経験が少ない」といったことなど、急所となるポイントをどのようにカバーできるか、改めて振り返ってみることも重要です。

こうした視点で、ぜひ履歴書・職務経歴書の控えを改めて読んでみましょう。

「面接ファッション」はOKか最終チェック

一般的に、「面接受け」をするファッションというものに定番があります。「清潔かどうか」「誠実そうかどうか」「知的に見えるかどうか」といったキーワードが挙げられますが、具体的には、男性であれば

・黒髪が基本で、寝癖やフケがあるようではNG。目にかからないように短めなカットを心がける。

・ヒゲ、ピアスはNG。

・スーツは紺かグレー、無地の白ワイシャツ、抑えめなネクタイ、黒の革靴。

・シンプルなバッグを用意して、手ぶらで行くのは避けましょう。

・面接で名刺をもらうことが多いので、名刺入れを用意しておきましょう。

といったことが基本です。

転職エージェントの求人であれば、同行してくれるところがほとんどですので、事前に相談しておくのも手です。実際、私は一社目の「リクルート ドクターズキャリア」さんに面接前、どのような格好をすべきか相談しました。また、面接前に最終チェックをお願いするのもオススメです。

以上です。
あまりに基本的なことかもしれませんが、「こうしたことをやる」と決めておくと、ルーティーンを行っていることで緊張も少しほぐれるかもしれません。ご参考になりますと幸いです。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。