産業医の採用面接で直前にやっておきたい2つのチェック

スポンサーリンク

産業医の採用面接を控えていますと、やはり緊張をするものですよね。私も10社弱の企業で面談を受けてきましたが、緊張しなかったことはありませんでした。

「直前で、今さらジタバタしててもしょうがない」というご意見もあるかもしれませんが、直前だからこそ、やっておいたほうが実はいいこともあります。

そんな採用面接を受けるに当たって、直前にやっておきたいことについて、今回は書いてみたいと思います。

提出した履歴書・職務経歴書の控えを改めて読む

面接の担当者も当然、提出した履歴書(場合によっては職務経歴書)を見ています。実際、ほとんどの企業で担当者は履歴書・職務経歴書を見ながら質問をすることが多いと思われます。

その内容を忘れてしまい、矛盾したようなことなどを言っていたりすると、「経歴、詐称してない?」などと無用な疑いを持たれる可能性があります。ですので、まずはしっかりとその内容を確認しておきましょう。

さらには、「自分の履歴書で、突かれると痛い、急所となる点はないか?」という視点から見直すことも重要です。「転職回数が多い/病院、企業の在籍年数が短い」、「産業医の実務経験が少ない」といったことなど、急所となるポイントをどのようにカバーできるか、改めて振り返ってみることも重要です。

こうした視点で、ぜひ履歴書・職務経歴書の控えを改めて読んでみましょう。

「面接ファッション」はOKか最終チェック

一般的に、「面接受け」をするファッションというものに定番があります。「清潔かどうか」「誠実そうかどうか」「知的に見えるかどうか」といったキーワードが挙げられますが、具体的には、男性であれば

・黒髪が基本で、寝癖やフケがあるようではNG。目にかからないように短めなカットを心がける。

・ヒゲ、ピアスはNG。

・スーツは紺かグレー、無地の白ワイシャツ、抑えめなネクタイ、黒の革靴。

・シンプルなバッグを用意して、手ぶらで行くのは避けましょう。

・面接で名刺をもらうことが多いので、名刺入れを用意しておきましょう。

といったことが基本です。

転職エージェントの求人であれば、同行してくれるところがほとんどですので、事前に相談しておくのも手です。実際、私は一社目の「リクルート ドクターズキャリア」さんに面接前、どのような格好をすべきか相談しました。また、面接前に最終チェックをお願いするのもオススメです。

以上です。
あまりに基本的なことかもしれませんが、「こうしたことをやる」と決めておくと、ルーティーンを行っていることで緊張も少しほぐれるかもしれません。ご参考になりますと幸いです。

スポンサーリンク

産業医の人材紹介会社選びで迷ったら

産業医の人材紹介会社を「どこにすればいいと思う?」と聞かれたら、私は迷わず「リクルートドクターズキャリア、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思うよ」と答えると思います。

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

というのも、臨床医に比べてハードルの高い常勤産業医の内定を勝ち取れたのが、この2社にサポートしてもらった時だけだからです。他の人材紹介会社にも登録して採用面接を受けたのですが、ことごとく落とされました。

求人数も多く、なおかつ「大手だから」という安心感は求人を出している企業側にもあると思います。「あまりよく知らない」紹介会社を利用して転職活動を行うよりは、その点、大手の会社を利用する方がメリットがあるのではないでしょうか。現に、私が勤務していた企業も、やはり大手の人材紹介会社しか使わないという方針でした。

もちろん大手だからというだけでなく、転職エージェントのサポートも手厚く、問い合わせのレスポンスもこの2社はピカイチだからこそオススメです。

おそらく今後、また私が転職することがあるならば、間違いなくまたこの2社にサポートを依頼すると思います。もし産業医への転職を考えていて、人材紹介会社の利用を考えておられるなら、リクルートドクターズキャリアと、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思います。

面接対策
産業医になろう
タイトルとURLをコピーしました