産業医になった私のキャリアは「偶然」でできている…と思う理由【医師転職】

「計画的偶発性理論」という言葉を聞いたことがありますか?これは、キャリア論を専門とするジョン・D・クランボルツの説だそうです。

多くの成功者へのインタビューを行った結果、「キャリアの8割は、予期しない出来事や偶然の出会いによって決定される」という結論に至ったそうです。

私は成功者とはとても言えませんが、今までの経験を振り返ってみると、まず初期研修医時代も、当初は「病理医になれたらいいなぁ」と思っていました。ですが、たまたま内科のローテ中にお世話になった指導医に出会い、「内科って面白い」と思ってその科で後期研修を行いました。

順調に内科認定医の資格を取得し、次は専門医…と思っていた矢先、次々と先輩医師が辞めるという事態に陥って、体調を崩した結果、退職しました。

なぜそこから産業医かと言いますと、先輩が「産業医資格をとっておくといいよ。臨床医を辞めたときの保険になるから」と言っていたのが記憶に残っていて、それで「なるほど。臨床をやめたいと思っている私にとってピッタリ」と思ったためです。

幸い、退職の前に認定産業医の資格がとれたわけですが、やはり常勤産業医になるのはそれほど甘くはなく、しばらくバイト医生活を送っていました。

そんな中、退職前に転職活動をしていた時にお世話になったリクルートドクターズキャリアの転職エージェントさんに「最近、どうされてます?転職は済みました?」と近況を聞かれて、「産業医になるために転職活動をしているものの、上手くいってません」と打ち明けました。

そこから、「今いらっしゃる県ではなかなか産業医の求人がないため、近県や東京へエリアを広げましょう」といったアドバイスをしていただき、入職に漕ぎ着けました。

振り返ってみると、非常に行き当たりばったりなキャリアですが、今のところ満足いっています。キャリアパスをガチガチに考え過ぎるのも息が詰まってしまうし、「やりたいことをできなかった」と後悔する結果にもなるかもしれません。その点、時には「偶然に身を任せる、流れに身を委ねる」といったことも必要なのではないか、とも思います。

もし、産業医を含めて「転職を」とお考えでしたら、リクルートドクターズキャリアや、エムスリーキャリアにご登録いただき、転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました