産業医として「採用されやすい」医師の特徴【産業医転職・面接対策】

産業医の採用面接というのは、基本的に「1枠」を奪い合うということや、常勤産業医を応募するような企業が少ない=求人数も少ない、ということもあり、厳しい戦いとなることが多いです。

では、そんな比較的買い手市場の「産業医の採用面接」で、採用されやすい医師とはどのような特徴があるのか、今回は面接対策の一環で書いてみたいと思います。

40歳未満の若手医師

言葉を選ばずに書きますが、「若手の医師=年収面で安く買い叩ける」という側面があり、やはり企業としては年若の医師を採用したいという事情があります。

また、すでに在籍している統括産業医が40~50代だとすると、やはり扱いやすい若手産業医を採用したいと思うでしょう。こうした点からすれば、単純な話ですが、若手医師の方が採用される確率は高いと考えられます。

よって、50~60代よりは、30~40代での産業医転職の方が、採用される可能性は高いのではないでしょうか。産業医経験がそこそこあれば、なおのこと可能性はアップすると思います。

話しやすい、相談に乗ってくれやすい産業医

元々、社員さんからすれば「医師」というだけで少し壁がある印象だそうです。また、人事労務担当者からしますと、「相談」を産業医にするケースも多くあり、相談に乗ってくれやすいタイプの産業医を希望することが考えられます。

昨今、医師のコミュニケーション能力(対患者・家族、対スタッフ)が臨床の場面でも求められていますが、それは産業医の世界でも同じです。

採用面接の場面では、できるだけコミュニケーションをとることを意識して、にこやかに応対されることをオススメしたいと思います。

企業カラーへの理解、順応性

産業医として勤務する上で、当然ながら入職する企業に上手く適応・順応できることが求められます。

人事労務担当者や保健師と強調して働くことが求められるため、そうしたことが可能かどうか、採用面接では見られるわけです。

企業にはそれぞれカラーもあり、それに理解を示し、順応できるかといったことを意識して質問に回答していきましょう。

以上です。
内定がなかなか得られない場合、採用面接での「気づいていない問題点」がある可能性があります。そうした場合、人材紹介会社である「リクルートドクターズキャリア」や「エムスリーキャリア」のキャリアエージェントに相談することで認識できることもあります。ご登録の上、相談されてみてはいかがでしょうか。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。