ストレスを抱えている状態で「共感し、寄り添う」態度ではない人に心は開けない【医師転職】

私が後期研修医で、「もう退職しようか」と考えていた時、会えば叱責されていた医長を避けるようになっていました。今考えれば、不眠症状や抑うつ症状で大分参っていた時期で、医長から「精神科の先生に受診してみなさい」と指示されました。

その場で医長が連絡をとり、精神科の先生に受診することになりました。初期研修医時代、精神科の研修でお世話になっていたこともあり、私としては慕っている先生でしたので、今までの経過や症状、どのようなことにストレスを感じているかといったことを正直に話しました。

やはりそこは精神科のドクター。「共感し、寄り添う」といった姿勢で話を聞いてくれました。処方希望はあるかと聞かれたため、私は断り、「では、2週間後にもう一度受診するように」ということになりました。

2週間後、また話をしに行ったところ、なぜか精神科のドクターは前回と打って変わってトゲトゲとした、冷たい態度でした。どうやらこの先生、私の所属する科の医長と話して、医長の言い分を聞いていたようです。実際、私は退職間際、いくつかのトラブルを起こしてしまっていたこともあり、精神科の先生の心証を悪くしてしまい、「それはコイツが悪い」となっていたようです。

それを察して、私はパタンと心を閉じてしまい、質問に対して適当に答えて逃げるように診察室を出ました。受診予約についても「まだスケジュールがわからず、こちらから連絡させていただきます」と言って、二度と受診しませんでした。

実はこうした関係、「精神科の医師→産業医」「後期研修医の私→社員」と当てはめますと、よくあることだと思います。社員の上司や人事にべったりの産業医が、そちらの意見ばかりを鵜呑みにして、共感の姿勢を忘れていたりしますと、社員は「なんだ、産業医って会社側のスパイみたいなもんじゃないか」と思ってパタンと心を閉じます。

私も上記のような経験をして、「裏切られた…」といった思いをしましたので、やはり産業医は社員に対して「共感し、寄り添う」という態度を忘れてはならないと肝に銘じています。

一方、こうしたサポートする存在がいなくなってしまう職場というのは非常にキツイです。私もお世話になっていた先輩医師たちが立て続けに辞めてしまい、しんどい状態が続いていました。

もし周りに「共感し、寄り添ってくれる」といった存在がいない場合、さらに上司の理解が得られにくいという職場で強いストレスを感じておられるということでしたら、私としては転職も考えたほうがいいのではないかな、と思う次第です。

もし転職活動をされていて、お一人で心細いということでしたら、リクルートドクターズキャリアや、エムスリーキャリアなどに登録し、転職エージェントに面談や電話相談をしてみてはいかがでしょうか。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。