産業医の転職活動で上手くいかなかった時期にしていた3つの失敗

私は今まで、3回の産業医としての転職を経験しています。その全てで、「すんなりと上手くいった」ということは一度もありませんでした。

振り返ってみますと、一回目は認定産業医の資格を取得しても、「求人情報ってどうやって集めるの?」「あれ?未経験者は書類選考にすら応募させてもらえないの?」といった具合でした。

二回目の転職では、「産業医、向いてないのかなぁ…」と産業医以外の転職を考え始め、二転三転した後に内定をもらった企業に入職しています。

三回目は、産業医の求人に絞って転職活動をしていましたが、最終選考で落とされるといったことを繰り返されて、「このまま内定もらえないんじゃないだろうか…」と本気で心配していました。

こうした経験を踏まえてですが、今回の記事では「産業医の転職活動で上手くいかなかった時期にしていた3つの失敗」について書いてみたいと思います。

情報収集が不十分

一回目の産業医への転職の時に顕著でしたが、「情報収集が不十分」であり、そのことが原因で上手くいかなかったように思います。

・地元で転職先を探していた→そもそも常勤産業医を募集している企業が少ない。

・未経験お断りの企業もあり、未経験OKの求人を探す必要がある。

・求人数自体が少ないシーズンがある(夏~秋に減少傾向、4月入職めがけて11月から求人数が増加する)。

といったことを知らない上に、「自力でネット検索によって求人を探そう」と無謀なことをしていたため、「それは上手くいかないよ」と過去の自分に言ってやりたいと思っています。

なお、この時にアドバイスをくれたのが、リクルートドクターズキャリアの転職エージェントで、「通勤エリアを広げましょう」「未経験でもOKの求人をご紹介します」ということで問題点をクリアしてくれました。

人材紹介会社の「利用の仕方」の問題

まず結論として、私は人材紹介会社の利用としては

1) 登録する会社の数を絞る。

2) 転職エージェントとは、広く浅くではなく「狭く深く」付き合う。

3) 転職活動が上手くいかない時ほど、お世話になっている転職エージェントに相談する。

この3点を守るべきでだと思っています。ところが、私は2回目の転職活動が上手く行かず、やたらに人材紹介会社に登録してドツボにはまっていました。

上記の3点の意味ですが、「1) 登録する会社の数を絞る」については、これはあまり多くの人材紹介会社に登録してしまうと、しっかりと相談する時間がとれなくなってしまったり、求人についての意見交換もおざなりになってしまう可能性があるためです(紹介された求人については、どのような点が希望条件と外れているかなど、しっかりフィードバックすべきです)。

登録する人材紹介会社については、大手のリクルートドクターズキャリアや、エムスリーキャリアで十分であると思います。

「2) 転職エージェントとは、広く浅くではなく『狭く深く』付き合う」ことも重要で、前提として希望条件や方針など、しっかりと確認・相談した上で求人を紹介してもらわないと、「応募したい求人がないなぁ…」ということにもなりかねません。

「3) 転職活動が上手くいかない時ほど、お世話になっている転職エージェントに相談する」も、2) 同様ですが、上手くいかないとやたらに他の人材紹介会社に目移りしてしまいがちですが、それよりも、お世話になっている転職エージェントとしっかり相談した方が、タイムロスも少ないですし、今までの経過を把握されている分、適切なアドバイスを得られると思います。

失敗から学んでいない

三回目の転職では、採用面接対策が十分にできていないという問題があったように思います。退職理由で前職の問題点をストレートに挙げてしまっていたり、

【医師の転職】採用面接で「転職・退職理由」をどう語るべきか
医師の転職・退職理由としては、年代によっても傾向が異なっています。20~30代の若手ですと、「資格取得のため」あるいは「経験を積みたい」という理由や、「業務がしんどすぎて、負荷を軽減したい」という理由などが比較的多いと言われています。一方で
【医師の採用面接】「退職理由」を語る上でマイナスイメージを持たれないようにするための3つの工夫
職場を退職したり、転職しようとする上で「なんにも文句がないのに辞める」なんてことは珍しいわけであり、「忙しすぎる」「忙しいわりに給料が少ないと感じる」「人間関係がイヤだから」などなど、少なからず不満を感じる点があるのではないでしょうか。では

一次面接と二次面接の違いを理解していなかったこと

産業医の採用面接「一次面接」「二次面接」でチェックしているポイントのそれぞれの違いをご存知ですか?
産業医の採用では、基本的に書類選考→一次面接→二次面接というのが一般的です。ですが、この一次面接と二次面接で、チェックしているポイントの違いがあります。これは企業の一般社員を中途採用する際でも同様だそうです。 面接担当者は「一次面接で...

など、明らかに採用面接でのしくじりをしているのに、そのことを反省・改善していませんでした。それでいて、「数撃ちゃ当たる」とばかりに求人へ応募していたのですから、「それはなかなか内定が得られなくても当然」であったと思います。

しっかりと失敗から学び、時には転職エージェントに採用面接対策についてアドバイスを求めるといったことも必要だったと思います。

タイトルとURLをコピーしました