医師が転職サイトを利用する上でNGな3つの使い方【医師転職】

スポンサーリンク

転職を考える際、「まずはネット検索」という方も多いと思います、かく言う私もネット検索で求人紹介会社にたどり着き、転職をしています。

ですが、転職サイトの誤った使い方をしていますと、なかなか転職活動が上手くいかないということもあります。そこで今回は、医師が転職サイトを利用する上で、NGな使い方について書いてみたいと思います。

転職エージェントと十分な打ち合わせをしていない

転職サイトに登録しますと、一人の転職エージェントが担当となり、転職活動をサポートしてくださるところが多いです。

そこで、あまり十分な打ち合わせをしておらず、「こっちが教えて欲しい求人情報だけ伝えてよ」という態度ですと、やはり希望の求人を教えてもらえず、また希望条件が十分に伝わっていないと、望んだ求人とはズレた求人となってしまうことになりかねません。

ですので、転職エージェントとのファーストコンタクトなどでは、まずしっかりと希望条件や、入職希望時期などを伝えるよう心がける必要があると思います。

あちこちのサイトに手を出す

転職活動の時には、不安もあって色んなサイトを見て回りたくなるものです。

しかしながら、基本的には「リクルートドクターズキャリア」と「エムスリーキャリア」の大手二社で事足りると思います。たとえマイナーな転職サイトに登録しまくろうとも、求人数、内容は実はあまり増えません。

むしろ、色んなところに手を出しますと、エージェントとのやりとりが増えてしまい、ただでさえ日頃の業務で忙しいのにも関わらず、さらに手間を増やす結果になると思います。

それならば、上記二社の転職エージェントとしっかりやりとりを行うことをお勧めしたいと思います。

医師の転職支援会社・転職エージェントとの上手い付き合い方「希望条件と求人票のズレを感じたら」

医師が転職エージェントと面談する上で事前準備したい3つのポイント【医師転職】

希望条件が定まっていない段階で求人選びを始めてしまう

希望条件が定まっていない、もしくはブレてしまいますと、確実に多くの求人の中で迷子になってしまいます。

まずはしっかりと希望条件を定めた上で求人選びを始めるようにしましょう。もちろん、参考や年収の相場などを知るために求人を見るのはいいですが、いきなり求人選びを始めてしまうのはお勧めできません。

スポンサーリンク

産業医の人材紹介会社選びで迷ったら

産業医の人材紹介会社を「どこにすればいいと思う?」と聞かれたら、私は迷わず「リクルートドクターズキャリア、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思うよ」と答えると思います。

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

というのも、臨床医に比べてハードルの高い常勤産業医の内定を勝ち取れたのが、この2社にサポートしてもらった時だけだからです。他の人材紹介会社にも登録して採用面接を受けたのですが、ことごとく落とされました。

求人数も多く、なおかつ「大手だから」という安心感は求人を出している企業側にもあると思います。「あまりよく知らない」紹介会社を利用して転職活動を行うよりは、その点、大手の会社を利用する方がメリットがあるのではないでしょうか。現に、私が勤務していた企業も、やはり大手の人材紹介会社しか使わないという方針でした。

もちろん大手だからというだけでなく、転職エージェントのサポートも手厚く、問い合わせのレスポンスもこの2社はピカイチだからこそオススメです。

おそらく今後、また私が転職することがあるならば、間違いなくまたこの2社にサポートを依頼すると思います。もし産業医への転職を考えていて、人材紹介会社の利用を考えておられるなら、リクルートドクターズキャリアと、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思います。

医師転職の基本
産業医になろう
タイトルとURLをコピーしました