医師が転職サイトを利用する上でNGな3つの使い方【医師転職】

転職を考える際、「まずはネット検索」という方も多いと思います、かく言う私もネット検索で求人紹介会社にたどり着き、転職をしています。

ですが、転職サイトの誤った使い方をしていますと、なかなか転職活動が上手くいかないということもあります。そこで今回は、医師が転職サイトを利用する上で、NGな使い方について書いてみたいと思います。

転職エージェントと十分な打ち合わせをしていない

転職サイトに登録しますと、一人の転職エージェントが担当となり、転職活動をサポートしてくださるところが多いです。

そこで、あまり十分な打ち合わせをしておらず、「こっちが教えて欲しい求人情報だけ伝えてよ」という態度ですと、やはり希望の求人を教えてもらえず、また希望条件が十分に伝わっていないと、望んだ求人とはズレた求人となってしまうことになりかねません。

ですので、転職エージェントとのファーストコンタクトなどでは、まずしっかりと希望条件や、入職希望時期などを伝えるよう心がける必要があると思います。

あちこちのサイトに手を出す

転職活動の時には、不安もあって色んなサイトを見て回りたくなるものです。

しかしながら、基本的には「リクルートドクターズキャリア」と「エムスリーキャリア」の大手二社で事足りると思います。たとえマイナーな転職サイトに登録しまくろうとも、求人数、内容は実はあまり増えません。

むしろ、色んなところに手を出しますと、エージェントとのやりとりが増えてしまい、ただでさえ日頃の業務で忙しいのにも関わらず、さらに手間を増やす結果になると思います。

それならば、上記二社の転職エージェントとしっかりやりとりを行うことをお勧めしたいと思います。

医師の転職支援会社・転職エージェントとの上手い付き合い方「希望条件と求人票のズレを感じたら」

医師が転職エージェントと面談する上で事前準備したい3つのポイント【医師転職】

希望条件が定まっていない段階で求人選びを始めてしまう

希望条件が定まっていない、もしくはブレてしまいますと、確実に多くの求人の中で迷子になってしまいます。

まずはしっかりと希望条件を定めた上で求人選びを始めるようにしましょう。もちろん、参考や年収の相場などを知るために求人を見るのはいいですが、いきなり求人選びを始めてしまうのはお勧めできません。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。