医師としてのハードな勤務から、「ゆるやかに長く働く」を実現するためのキャリアチェンジについて思うこと【医師転職】

40代となり、同期の臨床医と話をしておりますと、まさに「働き盛り」といった多忙な日々を過ごしていると聞きます。まさに科の中心として診療に携わっている様子であり、同期ながら頭が下がる思いです。

そこでふと思ったのが「自分だったらその生活に耐えられるのか?」ということです。同期のドクターもおそらく、筋トレのようなもので日々、少しずつその多忙な勤務にも耐えられるようになったとは思いますが、後期研修も途中でドロップアウトした私はおそらく無理なのではないかと思います。

私のように、最初から過酷な勤務に耐えられないという人もいるでしょう。またその同期のドクターも「この状態で50代後半になったらは厳しいんじゃないかな」と、年齢も関係があると話していました。

この点、ハードな勤務をある程度続けて、限界を迎えたらキャリアチェンジを図り、「少しゆるやかな勤務にして、そこから長く働けるようにする」ということを行う医師は結構多いのではないでしょうか。

このキャリアチェンジの手段として、「同じ科で勤務事態をゆるやかにする」「外科系でゆるやか勤務は難しいので転科する」「臨床医から離れて産業医、社医になる」「フリーランス医師として自分のペースで勤務する」といった方法があるでしょう。

この同期のドクターともその話になり、「産業医ってどうなの?」と質問されましたが、「ああ、俺には合わないや」と言っていました。やはり、向き不向きがあるため、「ゆるやかに働ける」という一点で、適性度外視でキャリアチェンジを考えるのは難しいということですね。

このようなキャリアチェンジの場面でこそ、やはり相談相手や、臨機応変な働き方の提案が必要であるため、リクルートドクターズキャリアや、エムスリーキャリアなどの転職エージェントに相談しつつ転職活動を行う方がいいのではないか、と改めて思った次第です。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。