パワハラ上司・先輩医師にカンファレンスで徹底的に粗探しをされる…そんなストレスを感じている時の対処法【医師転職】

私も臨床医時代、カンファレンスに参加していましたが、先輩医師が上司から徹底的に叩かれていて、ついにその先輩医師は辞めてしまうということがありました。

後期研修医の私から見ても、たしかにちょっと頼りないところがある先輩医師でしたが、それにしても厳しすぎやしないか、と思ってみておりましたが、特にカンファレンスでは粗探しに近い指摘をされていました。

その光景に近いことを、私が産業医として勤務する会社で目撃したのですが、会議で上司が反論しないことをいいことに部下を叱責し続けていました。それが定例会議のたびに繰り替えされていて、参加せざるを得ないメンバーたちも辟易とした表情をしています。

さすがに人事部経由で注意してもらって、その叱責はなくなりましたが、やはりカンファレンス、会議であることをいいことに、同僚たちのいる前でイジメに近いことをやっている上司は問題ですね。

これを指導ととるか、パワハラととるかという見方もあるとは思われますが、やはり他の社員の面前で叱責する、恥をかかせるといった観点からすれば、指導の範囲を超えてパワハラになるのではないでしょうか。

もし同様のことを、カンファレンスで私がされていたとすればやはり堪ったものではなく、先輩医師と同様に退職を考えていたと思います。カンファレンスのたびに強いストレスを感じているようでしたら、別の上司に相談し、やめてもらうようにしてもらうべきでしょう。

それでも改善しないようであれば、さらに上の上司に相談…といったことをする方法はあると思われますが、パワハラ上司は喉元過ぎれば熱さを忘れる傾向にありますので、結局改善されないということや、逆に「チクったな」と逆ギレされる可能性もありますね。

その時はもう転職を考えるべきだと思います。ストレスを受け続け、うつ病にでもなってしまうよりかは、「さっさとパワハラ上司の元から去る」という選択肢をとるべきではないでしょうか。

ただ、闇雲に転職をしても、また同様にパワハラ上司がいる可能性もあります。そうした可能性を排除するため、「リクルートドクターズキャリア」や「エムスリーキャリア」といったキャリアエージェントに相談した上で転職をされることをオススメしたいと思います。

特に、「次々と医師が辞めている」といった求人は警戒すべきで、そのような施設ではないかどうか、事前にキャリアエージェントに相談しておきましょう。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。