転職で待ち受けるストレスへの対処法-「前の病院では…」は忘れて前向きに

転職を行うと、当然のことながら新しい環境に身をおくことになるので、そこに待ち受けるストレスがあります。

たとえば、職場に知り合いがいれば別ですが、人間関係もゼロから築いていかなければなりません。何かをしようとしても、誰に根回しをして、誰に応援を仰げばいいのか、最初のうちは分からないと思います。

今まで、そうした人材の上で仕事は成り立っていたわけで、今までと同じパフォーマンスが出せるようになるまでには、相当の時間がかかります。

外来や病棟での事務処理のルール、さらには最近では電子カルテを導入している病院も多く、電子カルテの扱いに慣れるまでに時間がかかり、オーダーを出したり、レントゲン写真など画像を見るのにも手間がかかってしまったりもします。

こうしたストレスへの対処法としては、まず心構えとして「慣れるまでは仕方がない」と思う必要があります。

「前の病院では、上手くいってたのに、なんで転職した途端に、上手くいかないんだろうか」などと悩まず、「前の病院では、今まで作ってきた、自分なりの仕事のスタイルやルール、環境があったから上手くいったんだ」としっかり認識しましょう。それだけでも、心はふっと楽になるはずです。

さらに、「今は、前の病院とは違う。また一から環境に合わせた自分なりのシステム・ルールを作って行こう」と気持ちを切り替え、前向きに捉えていくことが必要です。

結局のところ、転職で全てが満足した状態になるというわけにはいきません。無闇に悩んだりストレスを溜め込まず、できる限り前向きな姿勢となり、転職先の職場に慣れていただければと思います。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。