「自分はアピールできるほど、大した仕事をしていない…」と思い込んでしまう前に【医師転職】

スポンサーリンク

転職をする理由として、今の職場で「自分は大した仕事をしていないから、もっとチャンスのある場がある職場に移りたい」ということを挙げる人もいます。あるいは、採用面接で何を話そうかとなった時に、「自分はアピールできるほど、大した仕事をしていない…」と思い込んでしまうことがあったりします。

ですが、「今の職場で当たり前とこなしている仕事が実は凄い」ということがあったりします。

たとえば、私が現在、内科の非常勤医師として働いている病院の採用面接で、「一日に大体、どの程度の数の患者さんを診てきましたか?新患の割合は?」と質問されました。その時に、平均の数、あとは新患は基本若手に振られることなどを説明したところ、「その数は立派なものですよ」と言われ、即採用となりました。

自分にとっては当たり前の仕事であっても、実は評価するに値する業務であるということはありますので、まずは「どんな仕事を今までにしてきたのか」ということは転職活動中、あるいは採用面接前のタイミングでしっかりとまとめることをオススメします(履歴書に書くこともできますし)。

外来の対応患者数、入院患者数をどれぐらい担当していたのか、ICUでどのような患者さんを診てきたのか、当直・オンコールは月何回対応していたのか…などなど、振り返ってみると「意外と仕事してたんだな、自分」と思えるはずです。

また、採用面接で言えば、どのようなポイントをしっかりとアピールすべきかなど、やはり転職エージェントが詳しく、定期の非常勤バイトの採用面接には同席してフォローしてくれるのでオススメです。リクルートドクターズキャリアや、エムスリーキャリアにご登録に上、相談されてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

産業医の人材紹介会社選びで迷ったら

産業医の人材紹介会社を「どこにすればいいと思う?」と聞かれたら、私は迷わず「リクルートドクターズキャリア、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思うよ」と答えると思います。

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

というのも、臨床医に比べてハードルの高い常勤産業医の内定を勝ち取れたのが、この2社にサポートしてもらった時だけだからです。他の人材紹介会社にも登録して採用面接を受けたのですが、ことごとく落とされました。

求人数も多く、なおかつ「大手だから」という安心感は求人を出している企業側にもあると思います。「あまりよく知らない」紹介会社を利用して転職活動を行うよりは、その点、大手の会社を利用する方がメリットがあるのではないでしょうか。現に、私が勤務していた企業も、やはり大手の人材紹介会社しか使わないという方針でした。

もちろん大手だからというだけでなく、転職エージェントのサポートも手厚く、問い合わせのレスポンスもこの2社はピカイチだからこそオススメです。

おそらく今後、また私が転職することがあるならば、間違いなくまたこの2社にサポートを依頼すると思います。もし産業医への転職を考えていて、人材紹介会社の利用を考えておられるなら、リクルートドクターズキャリアと、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思います。

医師転職の基本
産業医になろう
タイトルとURLをコピーしました