転職を考えている時に見るSNSで注意したいポイント「エコーチャンバー現象」【医師転職】

後期研修の時、実は産業医ではなく老人保健施設や慢性期の患者さんが入院する病院に転職することを考えていました。ただ、実際のところそうした転職を望んでいたわけではなく、「ただ単に現状から逃げ出したかった」ということで漠然と考えていたのだと思います。

そんな時、よく見ていたのが精神科のドクターのブログでした。その方も臨床から離れたいということで、「医療にまつわるコンサルティング業で開業」したいということを書かれていたと思います。

恐らくその頃も「コンサルティング?その道のプロが山程いる分野で、一介の医師が上手くいくかなぁ…」と心の中で思いつつ読んでいましたが、「臨床から離れたい」という希望の部分には共感して、思わず毎日のようにチェックしてしまっていたと思います。

当時はSNSと言えばmixiぐらいで、ブログでしかこうした「同志」にはなかなかめぐりあいませんでしたが、今やツイッターやフェイスブックなどで、お仲間は簡単に見つかると思われます。

だからこそ心配なのですが、「エコーチャンバー現象」にはご注意いただければと思います。直訳すれば「共鳴する小部屋現象」ということですね。

SNSでは、多様な意見に対して自らフィルターをかけてしまい、同じような意見ばかりを目にするということがあると思われます。そうしますと、それがたとえ偏った意見であっても、「これこそが正論だ」とばかりに思ってしまうようになってしまいます。

たとえば、「これからの時代はドロッポ医だ!」「QOMLを追求して何が悪い、ドロッポ医になるぞ!」といった意見ばかりを目にしてしまいますと、結果として「ドロッポ医になることが正しい」と思えてくるようになってしまうわけです(「ドロッポ医師」が誕生するまでの3ステップ-きっとあなたはまだ踏み止まれる)。

やはりそれは危険であり、できるだけ色んな意見を参考にすべきかと思います。実際、私は上記のブログ以外にも、幸いにして産業医を実際に行っておられた方のブログなども読んでおり、結果として「コンサルタントになる!」とは言い出さず、産業医になっています。

なんでも鵜呑みにしてしまうような方は少ないと思われますが、意思決定の際にSNSを参考にする上では、ぜひご注意ください。また、さらに言えば転職を考える上では、やはり誰かに相談することをオススメします。

ただ、上司や同僚に相談するわけにはいかないでしょうから、「リクルートドクターズキャリア」や「エムスリーキャリア」といったキャリアエージェントに相談してみてはいかがでしょうか。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。