風邪予防に効果的なうがいをする上で重要な4つのポイント

風邪予防としてうがい・手洗いをされる方は多いかと思います。上を向いてガラガラ…という、うがいの方法は正しいのでしょうか?なおかつ、短時間かつ短い回数のうがい…これでは、実は、あまり効果がありません。

うがい

効果的なうがいを行う上で、以下の様なポイントがあります。是非とも知っていただき、この冬はこれから風邪を引かないでお過ごしいただければと思います。

1) 首に横の角度をつけてうがいしましょう

うがいと言えば、真上を向いてガラガラ…というイメージかと思います。ですが、これではのどの正面だけしか洗い流せません。水分摂取などで、実はこの部分は比較的キレイに保たれています。

重要なのは、正面よりのどの横側です。右斜め上を向いてガラガラ、次は左斜めを上にしてガラガラ…というように、少し首を横に傾け、角度を付けてうがいをすることが重要です。

2) 首を左・右に1~2分ずつ、これを2セット

まず、1~2分かけて左・右に少し首を横に傾けてうがいします。これを1セットとして、2セットうがいを行います。

また、単にガラガラとやるだけでなく、強さや音の高低をつけるようにしてうがいを行うと、さらに効果的です。

3) ぬるま湯でうがい

菌・ウィルスをやっつける白血球は、酵素を使って、対象を溶かします。こうした酵素の反応は、およそ39度で働きやすいと言われています。このくらいのぬるま湯でうがいをするのが効果的だそうです。水よりは、お湯でうがいをしましょう。

また、イソジンなどは、炎症が起きているノドに刺激となって、咳を誘発したり、痛みが生じてしまうため、そのときにはあまり使用しない方が無難でしょう。

4) 使用後のコップはしっかり洗う

口を付けた後のコップは、菌やウイルスが繁殖しやすいです。使い終わった後のコップは、しっかりこすり洗いし、乾燥させるようにしましょう。

以上です。
このようなポイントに注意してうがいを行い、風邪予防にお役立ていただければと思います。

【関連記事】
インフルエンザかも…どのタイミングで受診すべき?

予防接種での間違え・事故を防ぐために気をつけたい2つのポイント


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。