予防接種での間違え・事故を防ぐために気をつけたい2つのポイント

2013年の1年間で、予防接種の時に生じた事故は4,596件にも及ぶようです(厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会 予防接種基本方針部会 発表)。

事故の内容の内訳としては、下記の通りです。
1)接種するワクチンの種類を間違えた(2を除く):328件
2)対象者を誤認して接種した:188件
3)不必要な接種を行った:327件
4)接種間隔を間違えた:3170件
5)接種量を間違えた:117件
6)接種部位・投与方法を間違えた:5件
7)接種器具の扱いが不適切だった(8を除く):4件
8)血液感染を起こしうる事例が発生した:6件
9)期限の切れたワクチンを使用した:116件
10)不適切な保管をされていたワクチンを使用した:1件
11)その他(対象年齢前の接種、溶解液のみ接種など):334件

この事故を受ける側から防ぐためには、以下のようなポイントがあると考えられました。

1) 接種間隔のチェック

最も多かったのは、「接種間隔を間違えた」で3,170件だったそうです。接種間隔に関しては、「予防接種実施規則」に掲載されており、特にお子さんでは「予防接種スケジュール」などを参考にすると、間違えずに済みます。

個々のスケジュールを立てるためには、「予防接種スケジューラ」が便利です。

このようなスケジュールをしっかりと把握することで、ミスは減るのではないでしょうか。

2) 接種時の「自己紹介」

「対象者を誤認して接種した」188件、「不必要な接種を行った」327件というミスが発生しています。当然のことながら、医療者側のミスであり、確認不足の責任は免れませんが、受ける側もある程度、自衛はできると思います。

集団でのワクチン接種ではない場合(個別にクリニックなどで接種する場合)では、名前を名乗り、「今日は○○のワクチン接種に来ました」といった”自己紹介”を行うと、取り間違いのミスなどは減るのではないでしょうか。

受ける側からの自衛という点で今回の記事を書かせていただきました。当然のことながら、医療者側の問題・責任が大きいところですが、人為的ミスは起こるもの、と思った上で、是非とも受けられる側からのチェックをすることでさらにミスは減ると思われます。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。