予防接種での間違え・事故を防ぐために気をつけたい2つのポイント

スポンサーリンク

2013年の1年間で、予防接種の時に生じた事故は4,596件にも及ぶようです(厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会 予防接種基本方針部会 発表)。

事故の内容の内訳としては、下記の通りです。
1)接種するワクチンの種類を間違えた(2を除く):328件
2)対象者を誤認して接種した:188件
3)不必要な接種を行った:327件
4)接種間隔を間違えた:3170件
5)接種量を間違えた:117件
6)接種部位・投与方法を間違えた:5件
7)接種器具の扱いが不適切だった(8を除く):4件
8)血液感染を起こしうる事例が発生した:6件
9)期限の切れたワクチンを使用した:116件
10)不適切な保管をされていたワクチンを使用した:1件
11)その他(対象年齢前の接種、溶解液のみ接種など):334件

この事故を受ける側から防ぐためには、以下のようなポイントがあると考えられました。

1) 接種間隔のチェック

最も多かったのは、「接種間隔を間違えた」で3,170件だったそうです。接種間隔に関しては、「予防接種実施規則」に掲載されており、特にお子さんでは「予防接種スケジュール」などを参考にすると、間違えずに済みます。

個々のスケジュールを立てるためには、「予防接種スケジューラ」が便利です。

このようなスケジュールをしっかりと把握することで、ミスは減るのではないでしょうか。

2) 接種時の「自己紹介」

「対象者を誤認して接種した」188件、「不必要な接種を行った」327件というミスが発生しています。当然のことながら、医療者側のミスであり、確認不足の責任は免れませんが、受ける側もある程度、自衛はできると思います。

集団でのワクチン接種ではない場合(個別にクリニックなどで接種する場合)では、名前を名乗り、「今日は○○のワクチン接種に来ました」といった”自己紹介”を行うと、取り間違いのミスなどは減るのではないでしょうか。

受ける側からの自衛という点で今回の記事を書かせていただきました。当然のことながら、医療者側の問題・責任が大きいところですが、人為的ミスは起こるもの、と思った上で、是非とも受けられる側からのチェックをすることでさらにミスは減ると思われます。

スポンサーリンク

産業医の人材紹介会社選びで迷ったら

産業医の人材紹介会社を「どこにすればいいと思う?」と聞かれたら、私は迷わず「リクルートドクターズキャリア、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思うよ」と答えると思います。

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

というのも、臨床医に比べてハードルの高い常勤産業医の内定を勝ち取れたのが、この2社にサポートしてもらった時だけだからです。他の人材紹介会社にも登録して採用面接を受けたのですが、ことごとく落とされました。

求人数も多く、なおかつ「大手だから」という安心感は求人を出している企業側にもあると思います。「あまりよく知らない」紹介会社を利用して転職活動を行うよりは、その点、大手の会社を利用する方がメリットがあるのではないでしょうか。現に、私が勤務していた企業も、やはり大手の人材紹介会社しか使わないという方針でした。

もちろん大手だからというだけでなく、転職エージェントのサポートも手厚く、問い合わせのレスポンスもこの2社はピカイチだからこそオススメです。

おそらく今後、また私が転職することがあるならば、間違いなくまたこの2社にサポートを依頼すると思います。もし産業医への転職を考えていて、人材紹介会社の利用を考えておられるなら、リクルートドクターズキャリアと、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思います。

未分類
産業医になろう

コメント

タイトルとURLをコピーしました