睡眠時無呼吸症候群(SAS)と睡眠関連呼吸障害(SRBD)の違いは?

睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome:SAS)とともに、最近では睡眠関連呼吸障害(Sleep Related Breathing Disorder:SRBD)という言葉も目にするようになってきました。

そこで、「さて、これらの違いはなんでしょうか?」と思った次第ですが、このSRBDという広く使われるようになったのは、2014年に睡眠関連疾患の国際分類(International classification of sleep disorders:ICSD)が改訂され、第3版(ICSD-3)となってからのようです。

このICSD-3によりますと、睡眠関連呼吸障害群(SRBD)は以下のようにものを分類・内含しているとのことです。

睡眠障害国際分類第3版

A.閉塞性睡眠時無呼吸障害群
 1.閉塞性睡眠時無呼吸,成人
 2.閉塞性睡眠時無呼吸,小児
B.中枢性睡眠時無呼吸症候群
 1.チェーンストークス呼吸を伴う中枢性睡眠時無呼吸
 2.チェーンストークス呼吸を伴わない身体疾患による中枢性無呼吸
 3.高地周期性呼吸による中枢性睡眠時無呼吸
 4.薬物または物質による中枢性睡眠時無呼吸
 5.原発性中枢性睡眠時無呼吸
 6.乳児期の原発性中枢性睡眠時無呼吸
 7.未熟性に伴う原発性中枢性睡眠時無呼吸
 8.治療時出現中枢性睡眠時無呼吸
C.睡眠関連低換気障害群
 1.肥満低換気症候群
 2.先天性中枢性肺胞低換気症候群
 3.視床下部機能障害を伴う遅発性中枢性低換気
 4.特発性中枢性肺胞低換気
 5.薬物または物質による睡眠関連低換気
 6.身体疾患による睡眠関連低換気
D.睡眠関連低酸素血障害
   睡眠関連低酸素血症
孤発症状と正常範囲の異型
 1.いびき
 2.カタスレニア

要は、「(臨床の現場でよく遭遇する閉塞性)睡眠時無呼吸症候群は、睡眠関連呼吸障害(SRBD)の一病態」とされたわけですね。大雑把に言ってしまえば、「睡眠時無呼吸をきたす疾患」の病態が、より広義にかつ細かく分類され、新たな名称「睡眠関連呼吸障害(SRBD)」となったということかもしれません。

ただ、「SRBD?なにそれ」と言われてしまう可能性もあり、「SAS」といった表記はまだまだ生き残りそうですね。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。