「待ち時間が40分以上」で外来患者の不満が急増-とにかく大事な「お待たせしてすみません」の一言

外来で患者さんを診ておりますと、とくに初回患者さんですと、症状や経過などの話を聞いたり、説明で時間がかかってしまいますね。そのような患者さんが何人かいますと、やはりどうしても待ち時間は多くなってしまいます。

刃物を持ってくる患者の「予兆」を見逃さないでにも書かれていましたが、「待ち時間が40分未満では、2割以下だった不満を持つ人が、35%以上に跳ね上がる」とのことです。

もちろん、こちらもサボっているわけではないので、「こっちも忙しいし、大変なのよ」と愚痴をこぼしたくなったり、イライラしたりしますが、それをぐっとこらえて「お待たせしてすみません」の一言を言い添えてから迎え入れると、患者さんの溜飲も下がるようです。

もはやマニュアルのように、一定時間お待たせしたらMAや看護師が「どうもお待たせしてすみませんでした」と言っているところもあるようですね。やはりその一言は大事だと思います。できることならば、医師も一言謝っておくことが重要です。

ただ、明らかにキャパオーバーであるというケースもあると思いますので、総合病院で複数の医師が外来をやっているようなところでは、「予約枠も30分に3人まで」「新患は日に4人まで」といったことをあらかじめ取り決め、事務側と連携しておくことも重要ではないでしょうか。

「モンスター・ペイシェント」などと最近では騒がれておりますご、ちょっとした一言、工夫でクレームの芽を摘むことができると思われます。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。