産業医になっても「臨床医に戻る」という選択も可能です-そのために「臨床を忘れない」ためのコツ

産業医をしていて、「臨床医に戻る」という選択をされた方がおりました。その理由としては、産業医科大学を卒業後、初期研修を除いてずっと産業医をしてくる中で、「やっぱり精神科も学びたい」ということで、精神科医になったというものでした。

逆に「臨床に疲れたから」と、産業医になる方もおりますし、その辺りは「産業医になったらそれっきり」ということもありませんし、逆もまた然りです。

私も内科医から産業医になりましたが、現在のところは臨床に戻ろうとは思っておりませんが、また戻る可能性もありますし、上記の例のように「精神科医になりたい」と思うこともあるかもしれません。

要は、「やりたいことをやればいい」ということだと思います。産業医になることも一つの経験ですし、「やってみたい」ということであれば、ぜひチャレンジしてみていただければと思います。

ただ、産業医を長らくしていますと、ついつい臨床のことを忘れてしまうこともあるかもしれません。その点、可能ならば「週一回の外来非常勤」をしておくとよろしいかと思われます。

もし産業医として勤務されており、「臨床から離れちゃって大丈夫かな?」とご心配でしたら、研究日・休日に非常勤バイトをされてはいかがでしょうか。

リクルート ドクターズキャリア

エムスリーキャリア

医師バイトドットコム

Dr.アルなび

などにご登録いただくと、求人情報が得られます。

関連記事

非常勤医師として働くための三箇条-居心地の良い職場にするためのルール

バイト・非常勤先が決まる医師・決まらない医師の違い「こんな医師はNG」

医師のバイト・非常勤の人気求人の裏事情「時給以外にも人気の秘密」


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。