メンタル不調による「合理的な判断ができない」状態で退職や転職を選ぶのはもったいないこともあります【医師転職】

4月に中途入社したばかりである、50代の社員Aさんが「メンタル不調」を訴えて産業医面談にやってきました。

ストレスの要因となっていたのは、同じ職場の先輩Bさんとのこと。やや高圧的な物言いのBさんにあれこれと仕事について否定され続け、結果、メンタル不調をきたしたそうです。

少人数の職場ということもあり、人事側は「異動しませんか?」とAさんに提案したそうですが、Aさんは「なんで悪くない私は異動させられるんですか?」と拒否。「異動するならBさんでしょう」と主張し、やや意固地になっているようです。

精神科に受診し、うつ病と診断されていることや不眠症状が酷かったことからも、産業医として「一度、休養をしてみてはいかがでしょうか?」と提案しても、「それでは私が負けたことになる。負けたくないんです…休むぐらいなら辞めます」と涙ながらに語っておられました。

もちろん、病状によって正常な判断ができていないということもあるでしょうし、年下の先輩Bさんに仕事について散々言われ続けていたのも相当悔しかったんだろうというのも分かります。

ですが、意固地になってしまっていることで、会社側の「はからい」も目に入っていないようです。人事側も仕事ぶりを評価して試用期間後の本採用をしようとしていることや、異動を検討してくれていることなどもあり、そうすることで辞めずに済むし、復職後に新たな環境でリスタートできるということもあるのですが、それも拒否しようとしていました。

「今、全てのチャンスを捨てて辞めてしまうのはもったいないですよ。しっかりと休養後、本採用の上にリスタートできるチャンスを会社側が与えてくれようとしています」とまっすぐ伝えたところ、考え直して休養することになりました。

このように、病状悪化時には正常な判断、合理的な考え方がしづらくなることもあります。そんな時は、まず誰かに相談したり、しっかり休むことが必要になると思います。

しかしながら、「どうしても現職場を辞める!転職するんだ!」と思っておられるようでしたら、まずはリクルートドクターズキャリアや、エムスリーキャリアなどの転職エージェントに相談してみて、それから決めてみてはいかがでしょうか。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。