産業医のあるべき立場とは?中立性を保つべき理由

産業医のあるべき立場として、労働者と企業、いずれかの味方をして、もう一方を攻撃するようなことはあってはならないと思います。

臨床医のクセが抜けてませんと、労働者に肩入れしてしまって、企業を批判してしまうことがえるかもしれません。また、ブラック産業医などと呼ばれる産業医ですと、企業の論理を振りかざし、社員をないがしろにしてしまうかもしれません。

もちろん、これらは極端な例かもしれませんが、やはり産業医として介入する以上、医学的に正当性があり、なおかつ中立性を保った立場であるべきと考えられます。

復職判定でもそうですが、やはり根拠をもって復職できるか否かを判定すべきですし、そうでない場合、社員から訴えられる可能性も昨今ではなきにしもあらずでしょう。

こうした判定についても、どちら側にも肩入れし過ぎない、中立性を保った判断がなされていないと、今後はますます訴訟リスクが高くなると考えられます。

もちろん、企業側の配慮としての限界もあり、「合理的配慮だから」となんでも企業側がその配慮を鵜呑みにできない現実もあり、そこが難しいところですが、折り合いのつくところ、着地点を企業、社員とともに探っていくのは、産業医としての腕の見せ所でしょう。

もしこれから産業医を目指すという先生がおられましたら、やはりこの点はご留意いただければと思われます。

常勤産業医にご興味がございましたら、ぜひ
リクルート ドクターズキャリア

エムスリーキャリア

医師転職ドットコム

といった人材紹介会社にご登録いただき、求人情報をチェックしていただければと思われます。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。