キャリアは偶然から出来ている?初期・後期研修医の道を決める偶然性

スタンフォード大学 教育学・心理学教授のJ.D.クランボルツ博士が提唱した学説で、「計画された偶発性理論」というものがあります。ちょっと矛盾したような感じの言葉にも捉えられますが、人生の機微を捉えた、非常に含蓄のある理論だと思います。

クランボルツ博士は、人生・キャリアを「あらかじめ計画したとおりや、期待したとおりには決してならない」と考えています。現に、アメリカの一般社会人対象の調査では、18歳のときに考えていた職業に就いている人は、全体のたった2%に過ぎなかったそうです。

初期・後期研修医の時に「こうなりたい」と思った医師像・理想像に、ご自身がそうなっているかと言えば、その確率は低いのではないでしょうか。「あらかじめ計画したとおりや、期待したとおりには決してならない」という現実があるからです。

ですが、逆に考えれば、自分の思い描いた理想像以上に良い道をご自身が歩んでらっしゃるということもあるわけです。

そこで重要なのが、この「計画された偶発性理論」なのです。説明すれば、自らが計画して起こした行動から、そこで自分でも思いもよらない偶然のチャンスをつかみ、それをその後の人生に生かそうとするキャリアづくり、ということですね。

初期・後期研修医の先生方に置き換えてみれば、研修中に色んな経験をすることが重要です。初期研修医の時に、「自分はこの科に進むから、他の科はおざなりでいいや」と思っていても、実はそこに思いもよらぬチャンス、そして志望する科が変わる可能性が転がってたりします。

後期研修医であれば、上司に「押し付けられた」と仕事をとらえるのではなく、それを学ぶ機会であると捉えたり、積極的に学会参加をすることで、刺激や将来のビジョンがより明確になることもあるかもしれません。

さらに、後期研修中、もし今の病院などに不満があり、将来のビジョンがかすんでしまうようなことがあれば、新たな求人先を探してみるのもいいかもしれません。

一度、「エムスリーキャリア」や「リクルートドクターズキャリア」に登録して、エージェントと相談してみてはいかがでしょうか。その相談中、新たな発見があるかもしれません。

相談中、「今の病院は、実は良い研修に良い環境なんだ」など、新たな発見があり、今の病院にとどまる選択をしても、それはそれで、意欲を高める良いきっかけ・刺激になるかもしれませんね。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。