産業医になるキャリアとして望ましいのは内科医?精神科医?

以前、「元内科医と元精神科医、産業医に向いているのはどっち?」にも書きましたが、内科系産業医、精神科系産業医にもそれぞれ一長一短があり、産業医業務にはある種「特殊性」があり、産業医未経験であればあまり変わりはないと書きました。

ただ私自身、内科医でありながらも精神科に興味があり、初期研修医時代に結構真面目に研修していたということが、現在に生きているのはたしかです。「いろんな科の分野、医学全般に興味がある」という点は、産業医になる上で有利であると思われます。

最近ですと、メンタル疾患の相談だけでなく、婦人科系疾患の相談や泌尿器科系、呼吸器内科・循環器内科・神経内科疾患の相談も請け負っております。

もちろん、高度な専門知識はありませんが、「現在の症状で、どのような鑑別診断をすべきか」「現在、通院中の病気に対して、就業上の注意点や措置として、どのようなことを検討すべきか」といったことを考えていくことは、やはり色んな疾患に興味があると、調べることも苦ではなく、業務しやすいと考えられます。

もちろん、最近ではメンタルヘルス相談も多く、「精神科医だったらなぁ」と思うこともありますが、最近ですとそれほど大変な思いをしなくて済んでいます。やはり、経験値というのは産業医をする上でも重要ですね。

もし初期研修医中に、すでに産業医になることを考えているようでしたら、ぜひ色んな科をローテートする上で、さまざまな経験・知識を得ておくことをお勧めしたいと思います。

[2019年版]認定産業医になるために必要な50単位が一気に取得できる講習会(研修会)一覧・スケジュール」などとご参考にしていただき、単位取得後、常勤産業医になることをお考えでしたら、
リクルート ドクターズキャリア

エムスリーキャリア

民間医局

に登録して求人をチェックしましょう。

関連記事

産業医の転職活動をする上で活用したい人材紹介会社トップ3

医師転職を支援する会社比較「エムスリーキャリア」編

完全に「買い手市場」の産業医求人で未経験者が産業医になるための3つの方法


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。