転職する際に「あれをやってみたい!」という前向きな気持ちは大事だと思う理由【医師転職】

私は後期研修医時代、専門医資格を取得できていない段階で転職を考えていました。急性期病院での勤務に疲れてしまったため、「ならば、慢性期だ」ということで、近所の慢性期病棟のある病院の採用面接を実際に受けに行きました。

幸いにも内定を得られたわけですが、退職の意思を医長に伝えに行ったところ「専門医資格もないのに、今ここを辞めたら使いものにならない医者になるぞ」「そんな転職、上手く行くはずがない」「そもそも内定を得られたのも、ここに勤務しているからなんだぞ」などと言われ、その時は迷って内定辞退することになってしまいました。

恐らくですが、その時は自分でも「慢性期の病院で勤務医になる」ということに、あまり積極的になれていなかったということもあり、内定を辞退してしまったのだと思います。

その後、「産業医になってみたい」と思った際には、あまりゆらぎや迷いがなかったのは、自治医科大学での講習会を受講したことによって積極的な気持ちがあったからだと思います。

転職する際、「○○をやるしかないか…」「○○でもやるか…」といった消去法的な方法で求人を選択することもあるかと思いますが、その中でも「あれ、やってみたい!」という仕事がある場合、その意思は自分の中で大事にした方がいいと思います。

とかく退職時ギリギリの時には鬱々とした気分になり、ネガティブな考えになりがちですが、それでも希望や、やってみたい仕事というのはあるはずです。ですので、「どんなことをやりたいんだろう?」と自分に問いかけてみることは大事だと思います。

ただ、なかなかやりたいことが見つからない、ということはあると思います。そんな時は、誰かに話すことで考えがまとまることもあります。リクルートドクターズキャリアや、エムスリーキャリアなどの転職エージェントに、まずはご相談してみることから転職活動を始めてみることもいいかもしれませんね。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。