転職する際に「あれをやってみたい!」という前向きな気持ちは大事だと思う理由【医師転職】

スポンサーリンク

私は後期研修医時代、専門医資格を取得できていない段階で転職を考えていました。急性期病院での勤務に疲れてしまったため、「ならば、慢性期だ」ということで、近所の慢性期病棟のある病院の採用面接を実際に受けに行きました。

幸いにも内定を得られたわけですが、退職の意思を医長に伝えに行ったところ「専門医資格もないのに、今ここを辞めたら使いものにならない医者になるぞ」「そんな転職、上手く行くはずがない」「そもそも内定を得られたのも、ここに勤務しているからなんだぞ」などと言われ、その時は迷って内定辞退することになってしまいました。

恐らくですが、その時は自分でも「慢性期の病院で勤務医になる」ということに、あまり積極的になれていなかったということもあり、内定を辞退してしまったのだと思います。

その後、「産業医になってみたい」と思った際には、あまりゆらぎや迷いがなかったのは、自治医科大学での講習会を受講したことによって積極的な気持ちがあったからだと思います。

転職する際、「○○をやるしかないか…」「○○でもやるか…」といった消去法的な方法で求人を選択することもあるかと思いますが、その中でも「あれ、やってみたい!」という仕事がある場合、その意思は自分の中で大事にした方がいいと思います。

とかく退職時ギリギリの時には鬱々とした気分になり、ネガティブな考えになりがちですが、それでも希望や、やってみたい仕事というのはあるはずです。ですので、「どんなことをやりたいんだろう?」と自分に問いかけてみることは大事だと思います。

ただ、なかなかやりたいことが見つからない、ということはあると思います。そんな時は、誰かに話すことで考えがまとまることもあります。リクルートドクターズキャリアや、エムスリーキャリアなどの転職エージェントに、まずはご相談してみることから転職活動を始めてみることもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

産業医の人材紹介会社選びで迷ったら

産業医の人材紹介会社を「どこにすればいいと思う?」と聞かれたら、私は迷わず「リクルートドクターズキャリア、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思うよ」と答えると思います。

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

というのも、臨床医に比べてハードルの高い常勤産業医の内定を勝ち取れたのが、この2社にサポートしてもらった時だけだからです。他の人材紹介会社にも登録して採用面接を受けたのですが、ことごとく落とされました。

求人数も多く、なおかつ「大手だから」という安心感は求人を出している企業側にもあると思います。「あまりよく知らない」紹介会社を利用して転職活動を行うよりは、その点、大手の会社を利用する方がメリットがあるのではないでしょうか。現に、私が勤務していた企業も、やはり大手の人材紹介会社しか使わないという方針でした。

もちろん大手だからというだけでなく、転職エージェントのサポートも手厚く、問い合わせのレスポンスもこの2社はピカイチだからこそオススメです。

おそらく今後、また私が転職することがあるならば、間違いなくまたこの2社にサポートを依頼すると思います。もし産業医への転職を考えていて、人材紹介会社の利用を考えておられるなら、リクルートドクターズキャリアと、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思います。

私の転職経験談
産業医になろう
タイトルとURLをコピーしました