元内科医と元精神科医、「産業医」に向いているのはどっち?

私は、内科医から産業医になった口ですが、その一方で精神科医から産業医に、という経緯をたどってこられた先生も結構多いようです。

最近では、「パワハラ問題」「過重労働対策」などが注目されるようになり、それに伴って社員のメンタルヘルス対策に重点を置く企業も多いようです。その点、精神科医の先生を産業医として雇用する企業も増えてきているのではないでしょうか。

ただ、産業医のカバーする領域もメンタルヘルスのみではないので、「精神科医なら万能」というわけではありません。そこで、内科系産業医と精神科系産業医の3つの違いについて今回書いてみたいと思います。

1) メンタル疾患での休業者への対応について

この点については、やはり精神科医の方が順応性は高いと思われます。疾患や社員の状況把握などは、恐らく内科系産業医の比ではないと思われます。

しかしながら、産業医の立場では「復職可否判断」「就業制限の必要性判断」などもあり、ここら辺の匙加減は、やはり産業医として経験が必要と思われます。ですので、「産業医未経験」であった場合は、精神科医であったとしても、「なんでも対応できる」というわけではないでしょう。

2) 健診判定業務について

健診判定業務に関しては、やや苦手とされている精神科系産業医の先生方は多いようですね。理学所見、血液検査所見、胸部レントゲン・心電図所見など、病棟でもあまり接してこないと判定するのに慣れが必要だと思われます。

この点は内科系産業医の方が分があり、スムーズに慣れていけるでしょう。ですが、この点もやはり事後措置として保健指導・就業制限の必要性判断があり、産業医未経験ですと最初は戸惑うところもあるでしょう。

3) 救急対応について

滅多にありませんが、社屋内で急病人が出た場合、初期対応を任されることがあります。その場合、やはり診察や保健師への指示出しなどについては内科系医師の方が慣れているということがありますね。もちろん、そこから先のことは救急搬送するなり、受診を勧めるなりということになっていきます。

…と、ここまで書いてきて、内科系産業医であろうが精神科系産業医であろうが、一長一短、さらには産業医業務という「特殊性」を考えれば、「未経験なら皆同じ」のような気がしてきました。

また、産業医の仕事は人を選ぶというところがありますね。やってみれば、向く向かないというのがはっきりすると思います。少しでもご興味があれば、まずはやってみることをお勧めします。

求人情報については、
リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

医師転職ドットコム

マイナビDOCTOR

などに登録し、そこからご確認いただければと思います。産業医求人は数が少ないため、複数の会社にご登録いただく方がオススメですよ。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。