職場も対応に苦慮する、成人の「発達障害」とは何か-成人の発達障害の特徴と職場での初期対応について

雑誌『週刊 日本医事新報』に、「職場における発達障害者への対応と支援」という記事が掲載されていました。

詳しくは記事をご覧いただければと思いますが、その内容をかいつまんでお知らせします。

1) 成人期における発達障害は
・自閉症スペクトラム(ASD)
・注意欠陥多動性障害(ADHD)
に大別される。

2) ASDは、対人関係の障害と常同的な行動パターン
  ADHDは、不注意と多動
を主な症状とする。だが、両者の重なりは大きく、鑑別困難な例も少なくない。

3) ASDもADHDも、就労年齢においてはじめて不適応症状を示し、医療施設を受診する例が多い。

まず一般的な内容ですが、まさしく「入社して初めて分かる」ということも少なくなく、特に対応に慣れていない会社側としては苦慮するケースが多いですね。

実際、昭和大学付属鳥山病院の「発達障害専門外来」では、ASDの平均年齢 28.9歳、ADHD 31.7歳だそうです。最近では、ネットやテレビでの情報を通じて疑い、受診する方も少なくないそうです。

問題となる特徴としては、

1) 自閉症スペクトラム障害(コミュニケーションおよび相互関係の障害、同一性のこだわりや興味・関心の狭さを主症状)
2) 注意欠如多動性障害(不注意、多動性、衝動性を主症状)
3) 限局性学習障害(読む・書く・計算するなどの特定の分野の習得と使用に著しい困難を示す)

などであり、こうした点に着目し、職場でも産業医を通じて、発達障害に詳しい医師の外来を受診勧奨するといったことが必要になると思われます。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。