管理職は「売り言葉に買い言葉」にご注意をーその言葉、録音されているかもしれませんよ【産業医の面談室から】

心療内科に受診後、「うつ病と診断された」とのことで面談を希望された30代後半の男性が来られました。その男性は、「上司にパワハラを受けている」とのことで、そのことがきっかけでうつ病を発症したとしきりに訴えておられました。

経過を一通り聞く内に、「先生、これを聞いて欲しいんですけど」と言われて、スマホのボイスレコーダー機能で録音した音声を聞くと、その上司との会話が録音されていました。他にも、メール内容やメモ書きなど、全て写真で撮影されていました。

しかし、話の中で、この男性社員も勤務態度に問題があったり、ミスを度々繰り返したりと、非があるのが垣間見えてきました。上司もこうしたことを度々注意している内に、ヒートアップしてつい、「お前のような奴は要らないんだよ」などと冷たく言い放ち、その言葉をばっちり録音されてしまっていた、という次第です。

とりあえずのところ本人も休業を希望していたので、その意見書を書きつつ、内容を人事チームに報告し、相談することにしました。今後、人事および上司と連携をとりつつ対処に当たるつもりです。

ただ、こうしたことは珍しくないところが怖いところです。以前にも数件、こうした録音された発言を聞いたことがありました。その以前のケースであっても、やはりその社員自体に問題がないかと言われれば、それは違うと思います。

ただ、その社員自体の問題と、注意が度重なり、さらには売り言葉に買い言葉でヒートアップした末につい行き過ぎた発言があると、録音されてしまい、パワハラ扱いされてしまう可能性があります。

やはり管理職の方、部下を注意する際にも、某芸能事務所社長の言葉ではありませんが、「テープ回してへんやろな」と心の中で思ってから発言した方がよろしいかと思われます。

もしこのような面談などに興味があり、産業医になってみたい、と思われる先生方がおられましたら、

リクルート ドクターズキャリア

エムスリーキャリア

といった転職支援会社にご相談されてはいかがでしょうか。もちろん相談や入職に関しても先生は全て無料ですので、ご気軽にご登録してみましょう。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。