産業医に「飲みにケーション」は不要です、イヤなら断りましょう

医局に所属している以上、何かイベントがあるごとに呼び出され、飲み会に参加させられたり、病院の忘年会や新年会などに参加させられることありますよね。

私も、そんな飲み会に辟易としつつも、参加させられていた内の1人です。
医局から抜けて、なおかつ病院も非常勤だけなので、「これでキレイさっぱり飲み会なんか無くなるかな」と思いきや、非常勤先の病院で誘われたり、産業医を勤める会社の飲み会や歓送迎会に呼ばれたりします。

最初のうちは「行かざるを得ない」といった感じで飲めない酒を飲みに行ってたのですが、それも断り続けるようになり、フェードアウトしていき、次第に呼ばれなくなりました。

それで何か困るかと言えば、全く困りません。
会社側の人々や看護師さんとの関係性を築く上で、飲み会が必要だとは思えないし、仕事をする上で、そこまでの関係性は必要ないんですよね、結局。

それに、会社側の人も、たとえ常勤であっても産業医は、「会社とは別モン」と考えてる節があり(まあ、普通の社員としては考えてないですよね)、呼びたくも、一緒に酒を酌み交わしたいとも思ってないんじゃないですかね。昨今、医者なんて珍しくもなんともないですし。

一般企業でも多くなってると思いますが、「わざわざ仲良くもない同僚となんで飲まなきゃならないんだよ」という人々が、集められてる飲み会に参加する意味はないですよ。それなら自宅でやりたいことやってた方が良いです。

もし医局や病院でのプライベートな時間での付き合い、飲み会がイヤなら、産業医になるのはお勧めです。人間関係を構築していかざるを得ないような病院の常勤医なんかよりは、よっぽど人間関係はシンプルです。

産業医になるなら、「エムスリーキャリア」「リクルートドクターズキャリア」などに相談するのがお勧めです。認定産業医の資格を持つ前から、キャリアエージェントが相談に乗ってくれますので、興味があるなら、相談してみましょう。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。