「親の心、子知らず」ならぬ「上司の思い、部下知らず」という状況に産業医としてどう対応すべきか【産業医マニュアル】

ある社員が「抑うつ状態」との診断の下、休職しました。1ヶ月ほどの休職期間の後、ようやく復職したわけですが、ほどなくしてまた休みがちになってしまいました。そのため、産業医面談を再び実施することになりました。

その社員の上司は大変理解があり、部下思いということもあり、業務負荷を図った上で、お世辞にも仕事のできるとは言えないその部下のため、わざわざ業務を作り出すなど、本当に骨を折ってくれていました。

しかしながら、休職していた社員は「あの仕事はやりたくない」「前の仕事がよかった」など、面談では不平不満を口にするだけでした。やはり、「上司の思い」というのは、汲み取ろうとしない部下には通じてはいないようです。

そこで堪らず私も、「以前の仕事は、休職中に他の方が担っています。本来なら仕事がないにも関わらず、○○さん(上司)が他部署に頭を下げて仕事をもらって作ってくれたんですよ」と、上司がどんな思いで部下の復職のために動いていたのか説明しました。

「仕事は降ってくるもの」という認識でしかなかったこの社員も、そのような事情があったとは知らなかったようで、「お礼を言ったほうがいいと思いますよ」のアドバイスに素直に従ってくれました。

これで万事解決…といけばいいのですが、やはりドラマのようにはいきません。ほどなくして「会社に来たくない…働きたくないんですよ」という面談での言葉を最後に、再休職することとなってしまいました。

私も、つい珍しくお説教じみたことを言ってしまいましたが、やはり本当の意味で上司の思いというのは伝わっていないのかな、と思います。ただ、私も偉そうなことは言えず、臨床医時代の医長がどんな思いだったのか、といったことは後期研修医当時はあまりよくわかりませんでした。産業医として経験を積んだことで、管理職の大変さを少しは理解できたかな、とも思います。

「上司の思い、部下知らず」という状況に際しては、部下が誤解しているようだったら、その誤解を解くように説明したり、どのような意図なのかを話すことは重要だと思います。ですが、立場が異なると、なかなか相手のこと(部下が上司の思いに気づくか否かなど)は分からないものなのかもしれませんね。

生活習慣病の改善などに対しては、「頭では分かってるだけけではダメで、行動変容にはつながらなければ意味がない」といったことが言えるかな、と思いますが、やはり一時的な理解だけではダメだ、ということが今回の一件で分かった気がします。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。