医師の採用面接で人事担当者はどこを見ているか-気をつけるべき3つのポイント

医師の採用面接というと、多くは院長もしくは科長/部長、事務長級の人事担当者といった方とお話をすることになります。その「面接官」たる人々は、様々な観点から応募者を見ていると思いますが、中でも人柄という観点から、どう見ているのでしょうか。

どんなに専門科に造詣が深く、技量があったとしても、人柄の判断が邪魔をして採用されない-そんな事態を避けるべく、以下のような3つのポイントのご注意いただければと思います。

1) 信頼がおけそうか

雇用関係を結ぶ上で、やはり信頼関係がしっかりとしていないと、なかなか入職させてはもらえません。信頼がおける人物かどうか、というのも非常に大事な点です。

たとえば、面接の中の短時間で意見がブレたり、矛盾していたりすると、「この人、どうなんだろう?」と疑問を持たれてしまいます。できることならば、聞かれそうなことについては、しっかりと質疑応答のリストを用意しておき、どのような答えを行うのかといったことは考えておきましょう。

また、勤め先の悪口や患者さんに関する話をぺらぺらと喋るような人は、信頼されにくいです。ご注意ください。

2) 公平・公正な人物か

偏見を持って物事を見ないということも重要です。多様な考え方があることを認め、柔軟なものの捉え方をしていない人ですと、「スタッフと衝突するんじゃないか・・・」「こちらの意見を、聞いてはもらえないんじゃないか?」などと思われるかもしれません。

そこで、何かと決め付けるような見方ではなく、物事を公平・公正にとらえ、語れるかどうかというのも、重要なポイントです。一方的に非難するようなことはできるだけ避け、様々な視点から物事を語れるようにしましょう。

3) コミュニケーション能力

最近では、スタッフとのコミュニケーションがしっかりとれる医師を求める医療機関も増えています。意見に耳を貸さなかったり、独善的な考えで診療を行っては欲しくないということですね。

アドバイスに耳を傾け、伝えるべきこと、相談すべきことはしっかりと話すことができる。そういったコミュニケーション能力に長けているかどうか、温和で話しやすい雰囲気があるかどうか、といったことが見られています。

以上です。
ぜひとも上記のような点にお気をつけいただき、採用面接を乗り切っていただければと思います。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。