国立病院機構や公立病院でのバイトは可能なのか?-結局は病院側との相談・届け出が必要

厚生労働省や各地方自治体が管轄する医療機関などで、立場上、公務員となっている医師は原則的にバイトは禁止となっています。

一方で、2014年に国立病院機構では非公務員化が行われ、「兼業は届出により承認を受けた場合可能」と書かれているようなところが多いようです。なお、「休日夜間急患センターにおける診療活動や、地域の医療計画に基づいた民間医療機関における診療活動、機構病院と民間病院における病病連携」などの勤務する上での条件があるようです。

公立病院・準公立病院でのバイトも禁止されているところが多く、地方自治体設立の公立病院の正規職員では、地方公務員法38条で、「営利を目的とする私企業を営むことを目的とする会社その他の団体」での副業を禁止されており、やはりNGということになります。
「隠れてやっている人はいるよ」という方はいらっしゃるかもしれませんが、バレたら解雇される可能性もあり、そこはやはり服務規程をしっかりと確認し、相談や届け出を行うべきでしょうね。

公立病院でも、地域連携の目的などの場合や、派遣元大学での定期非常勤は行って良いといった条例を自治体が通している場合もあり、こちらも届け出を行うことでバイトが可能になるようです。また、「講演での謝礼はOK」などとしているところもあるようです。

ただ、自由度はかなり制限され、「自分で見つけてきたバイト先に自由に行く」というのは困難なようです。原則的には禁止と思っていただき、「病院側との相談、届け出の上では可能になるかもしれない」くらいに思っていただいた方がいいようです。

「常勤先で勤務しつつ、バイトでガンガン稼ぎたい!」というご希望があるようでしたら、やはり国立病院機構や公立病院といったところで勤務していると難しいのではないでしょうか。

「1日は研究日で、バイトもOK」といった市中病院は多くありますし、「ついでに給料アップを」という希望も叶えることが可能かもしれません。もしそのような求人をお探しでしたら、「リクルートドクターズキャリア」や「エムスリーキャリア」などの転職エージェントにご相談されてがいかがでしょうか。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。