産業医になるために企業の採用面接で「内定を勝ち取る」ための4つのポイント

産業医になるためには、認定産業医の資格を取得することも大事ですが、それ以上に「企業の採用面接で内定を勝ち取る」ことが必要となります。

勤務医の転職に比べると、産業医の転職では「採用面接で落とされる」可能性は高いと思います。実際、私も産業医経験をある程度積んだ状態で何度となく最終面接で落ちていますし、一次面接ですら落とされたこともあります。

そこで今回の記事では、産業医になるために、企業の採用面接で「内定を勝ち取る」ためのポイントをまとめてみました。ご参考にしていただけますと幸いです。

「一次面接と二次面接の違い」を理解

産業医の採用のプロセスとしては、「書類選考→一次面接→二次面接」というステップを大抵踏む企業が多いです。その一次面接と二次面接の違いですが、まずは面接官が異なります。

一次面接では、人事部の採用面接担当者~人事部課長、二次面接では人事部長~役員レベルが面接官を行うことは多いと思われます(ここに既に勤務している産業医、保健師が同席することもあります)。

このような違いが一次・二次面接ではあります。採用面接では、基本的に

・入職してからの業務内容や量に見合った、知識、経験、熱意を持ち合わせているのか。

・既に入職している産業衛生スタッフや人事労務担当者たちと上手くやっていくことができるのか。

といった視点で見られるわけですが、二次面接では一次面接よりもさらに深堀りされていくわけです。そのため、二次面接では「一次面接を上手く利用する」ことも重要だと思われます。

つまり、一次面接で「その企業の抱えている課題」あるいは「求めている産業医像」を探り出し、それにフィットする産業医であるとアピールするわけです。ですので、一次面接が終わったらどのような説明があったのか、どのような質問があったのかをしっかりとメモで残して二次面接対策に活かすことをオススメしたいと思います。

産業医の採用面接、「一次面接」を上手く利用して最終面接に活かす2つのポイント
産業医の採用面接は、「書類選考→一次面接→最終面接」といった流れを踏みます。一次面接では、人事の採用担当者の方々(既に勤務している産業医・保健師が同席することもあります)が主に担当し、最終面接では、部長~役員レベルが登場することもあります。...

産業医の採用面接でよく質問される4つ

産業医の採用面接では、以下の4つの質問がよく行われます。

・どうして臨床医ではなく、産業医になったのか(なるのか)?

・退職理由/志望理由はなんですか?

・今までどのような仕事をしてきましたか?/今まで最も大変だった仕事は?

・あなたにとっての産業医としての理想像/あるべき姿は?

最低限、これらの質問についてはしっかりと答えられるようにしておきましょう。とくに、臨床医から産業医になりますと、必ずと言っていいほど「どうして産業医になろうと思ったのですか?」という質問は聞かれると思います。

産業医の採用面接で「最低限、用意しておくべき」3つのこと
産業医の採用は、基本的に書類選考→一次面接→二次面接といった流れで進んでいきます。臨床医の採用面接に比べて、産業医の面接では答えるのに窮する質問というのが出てくるように思います。 「よくされる質問」については、やはり自分なりに回答を用...
【産業医の採用面接】面接官が「失敗談や大変だった仕事」を質問する意図と対策
産業医の採用面接で、面接官が「今までの仕事の失敗談を教えてください」あるいは「今までの仕事で、一番大変だったものはなんですか?」といったことを質問することがあります。 こうした質問の意図をしっかりと捉えていないと、今までの仕事のエピソ...

こうした記事をご参考にしていただき、回答をあらかじめ作成して面接に臨んでいただければと思います。

「履歴書・職務経歴書」で自分の弱点を洗い出す

たとえば「転職回数が多い」「入職してから退職するまでの期間が短い」「職歴上、空白の期間がある」などは、やはり面接の時に質問される可能性があります。

そのようなことについて、しっかりと説明できるかを確認しておくことは非常に重要であると思います。

産業医の採用面接で直前にやっておきたい2つのチェック
産業医の採用面接を控えていますと、やはり緊張をするものですよね。私も10社弱の企業で面談を受けてきましたが、緊張しなかったことはありませんでした。 「直前で、今さらジタバタしててもしょうがない」というご意見もあるかもしれませんが、直前...

だからと言って、履歴書の改ざんなどは絶対にNGです。発覚したらすぐにクビにされる可能性もあり、それだけは絶対に避けて、説明をできるようにした方が賢明であると思います。

【医師の採用面接】転職回数が多くなってしまっている時に面接を乗り切るための3つのコツ
「勤務期間が2年以内で転職している」「5年の間に3回以上転職をしている」といった場合ですと、やはり面接官は「本当にこの人を採用して大丈夫だろうか?」と警戒する可能性があります。雇う側の立場に立てば、採用にもコストがかかる上に、職場のスタッフ

こちらの記事をぜひご参考にしていただき、面接対策をしていただければと思います。

個別の企業面接対策

Aという企業で上手くいったからと言って、Bという企業で同じように採用されるとは限りません。そのため、やはり個別の企業面接対策が必要であると思います。

・(上場していれば)四季報
・マイナビなどの転職情報サイト
・IR情報
・プレスリリース
・就職・転職口コミサイト

などで事前に情報収集を行っておくことも重要です。

産業医の採用面接を受ける前に調べておきたい「企業情報」のリサーチ方法と注意点
産業医の採用面接を受けに行きますと、「弊社のことをご存知ですか?」「弊社の仕事内容はご存知ですか?」と質問されることがあります。 有名企業であれば、身近でもありますし、答えることはできるかもしれませんが、「採用面接を受けるにあたって初...

一方で、面接対策に即役立つ面接対策の情報を持っているのは、リクルートドクターズキャリアや、エムスリーキャリアなどの転職エージェントであり、私自身も何度となく助けられてきました。求人情報をいち早く教えてくれるということもありますので、ぜひ産業医の転職活動では相談してみることをオススメします。

タイトルとURLをコピーしました